今日は、昨日に引き続き、市場に安納芋の陳列に行きました!

昨日は、自分たちで作ったポップを設置したり、個数を決めたりして、商品を実際にお店で売るという貴重な経験しました。

そして今日は、昨日の売上げを踏まえて陳列を行いました。何が売れたのか、どのくらい売れたのか、今後どのように商品が動いていくのかを考えて、陳列することが大切だと感じました。また、売れて結果に満足するまでが仕事ではないということを学びました。結果を踏まえて、今後の安納芋についてしっかり考えて活かしていくまでがお仕事です。育て方や袋詰めの仕方、商品としての出し方、見せ方などたくさんの視点を持って考えます。

農家さんの仕事について、考えを改めるとても良い機会となりました。

安納芋をつくっている農家さんの熱い思いを知り、安納芋をこれからたくさん食べたいし、良さをたくさんの人に伝えたいと思いました!


村おこしNPO法人ECOFF