新米祭りの参加を通して、もっとも目に残った光景は、人の笑顔だ。買いに来る人だけでなく、売り出す側の人も、皆笑顔であった。そして売買メインというより、人との繋がり合いを求める場のように私は感じた。私が住んでいる神奈川では、こんなに人と触れ合う時間はないのでとても新鮮で、種子島ならではの素晴らしい時間だと感じた。挨拶したら笑顔で必ず返ってくる、という種子島では当たり前のことだが、それは大きな魅力の1つだと強く思った。