今日も引き続き畑で木工作業をやりました!電動ノコギリやインパクトドライバーなど、普段触ることのない工具を使い、貴重な経験をさせて頂きました!

私たちが作業をしていると、なんと島民の方が差し入れを持って来てくださいました!「うちじゃこんなに食べれないから食べてー」と素敵な笑顔で、ホッケの一夜干しや畑で採れた野菜などをくださいました。焼尻の方の温かさに触れた1日でした。

島での生活は街に比べて不便で、自分でなんでもやらなければなりません。しかしそういう姿を見て、島民の方が手を差し伸べてくれる、お互い助け合って生きていく、そういった人と人との繋がりがあることが島の魅力だと思います。

焼尻に着いてから今日で5日目です。ここでの作業は初めてやることばかりで、最初は全然ダメでしたが、今ではだいぶ慣れて来ました。

気持ちの余裕もできて来て、新たにはじめてやる作業でも「とりあえずやってみよう!」という気持ちで積極的に取り組むことが出来るようになりました。

出来っこないと思うようなことでもまずやってみる。そしていつの間にか出来るようになっていく。島での生活はそういう体験の繰り返しなんだと思います。

こうやって日々焼尻の魅力を知っていき、同時に、「移住してくる人ってこんな風に引き込まれていくんだなー」と思わされた1日でした!

明日は自由な時間を設けてもらったので島内を巡ってみたいと思います!

また、いよいよ柵が完成する予定ですのでお楽しみに!