焼尻島で過ごすのもあと残すところ2日になりました。ですが、まだまだ木工作業は続きます!今日はフェリー乗り場、通称「駅」に置くベンチを製作しはじめました。今あるものは老朽化してしまっているため、新しく作り直そうとのことです。焼尻島を訪れる人達を迎える玄関に置かれるので、柵とは違って正確に作らないといけません。

もう一人の世話人である新沼さんに見てもらいながら、木材を選ぶことから始めました。途中雨が降ってきて作業場所をうつすなどの手間がありましたが、黙々と作業を続け、気づけばもう暗やみ。全くの初心者だった私たちがここまでできるようになったことを嬉しく思うと同時に、島のためになるものを任されたということに身の引き締まる思いで取り組みました。2日で仕上げるというハードな作業ですが、8日間の経験を活かして明日こそ完成させたいと思います!