長いと思っていた焼尻島での活動も最終日を残すのみとなった。予定されていた小屋の床張りはてんやわんやしながらも今日無事に完成した。

5日目に朝日を見に行きそびれて以降、結局朝日は見に行けなかった。しかしこれは天気の都合なのでしょうがない。実に残念。

閑話休題、床張りという我々の活動はこれにて終わりを迎えたが、床張りの完成は次回ECOFFの壁張りへのスタート地点である。我々が張った床が土台になって壁が張られ、小屋は改装される。次回ECOFFの参加者の顔も名前も知らないが、やすんでけの小屋という想いの込めたモノを通し、心は繋がっていくのかもしれない。それだけ私達は小屋の床張りに想いを乗せたと思っている。

毎回自分のレポートだけ趣向が違いすぎて恥ずかしっ!と思いながらも、結局今回もポエミーなレポートになってしまった。

forみんな:音読しないでね!


村おこしNPO法人ECOFF