シーグラス活用

焼尻島8日目

今日は、先日砂浜で集めたシーグラスを使ってアクセサリー作りとカレンダー作りをしました!

シーグラスは割れたガラスや瓶が海で波に流され、削られて丸みを帯びて、すりガラス状になったものです。

砂浜に流れ着いたシーグラスを拾い、洗浄し、乾燥させて初めてアクセサリーやカレンダーの素材として使うことができるため、手間も時間もかかります。

元々、海にすてられた瓶でただいらなかったものをきれいで欲しくなるようなものに変えることができるという体験を実際にすることで、工夫次第でいろいろなことができるということを学び、視野を広げることができました。

明日で作業ができる日程としては最終日を迎えます。

心残りがないように、たくさん考え、たくさん吸収し、思う存分楽しむことを忘れずに過ごしたいと思います!