焼尻島の生活の一部〝DIY〟&島の夜を満喫☆

焼尻島での島暮らしも6日目を終えました。日中はDIYを中心に活動し、夜は満点の星空の下で花火やキャンプファイヤーを楽しみました!

本日のメインは〝カヤック収納〟づくり。現場を見ながら設計し直して、作業目標を設定し、収納の土台づくりや木材カットを行いました。

DIYが上達したことに加えチームワークも高くなって、作業が速く進むようになってきました。明日の目標は形を完成させることです。作業量が多いですが、私たちならできると思います!

小さい家具の仕上げも行いました。「こんなものがほしい!」と思ってもなかなか買えない環境下にある島の方には「ないなら作っちゃえ!」精神があって、なんでも自分でつくってしまえるそうです。

今回は自分たちでほしいものをイメージして、設計・作成し、完成させました。失敗したし時間もかかりましたが、島の方のように「ないなら作っちゃえ!」精神でものをつくる感覚を肌で知ることができました。

夜ごはんは餃子パーティー! これも同じで、「餃子の皮が買えないから作っちゃおう!」ということで、皮から手作りしました。市販の皮で作った餃子の100倍おいしくて、100個の餃子が一瞬でなくなりました。

今まで夜の天気には振られっぱなしでしたが、今日やっと晴れてくれました。とういことで、外に出て島の夜を満喫しました!

真っ暗な中で空を見上げると、無数の星が輝いていて息を飲む美しさです。みんなで寝っ転がって空を眺める時間はとても気持ちよくて最高でした。おっくんは2つも流れ星を見つけたそうです! また、キャンプファイヤーを囲みながら花火もしました。満点の星空と炎と花火と… 焼尻島は夜もほんとに楽しい!!

焼尻島の天気はコロコロ変わり、直前まで予定を決められません。毎日ドタバタしてるけど、天気と相談しながら、やりたい! と思ったこと全部にチャレンジする、飽きない充実した日々を過ごしています。

島の生活は不便な部分もありますが、だからこそ工夫次第でいくらでも楽しめるのが魅力だなぁと感じています。

もうみんなが家族みたいで、焼尻島とのお別れが今から寂しすぎます。残り4日、一分一秒を大切にしてがんばります!