今日はまず、明日の豊年祭に向けた準備をしました。嘉陽の区長さんと一緒に皆で公民館やガジュマルの木の周辺を掃除しました。

夜ご飯には、仲上門のくみこさんに作っていただいたソーキが入ったお汁などを美味しくいただいた後に、一緒に仏壇に手を合わさせていただきました。これを沖縄では「うーとーとー」と言います。

夜には、お盆行事であるヤーミグイのお手伝いをしました。ヤーミグイは家にお迎えしていたご先祖様を送り出す行事で、歌を歌ったり三線や太鼓を演奏したりしながら地域の方々と区内約40軒もの家を回りました。

家を回った時にはその家の壁や戸を叩き、演奏に合わせて家の中でカチャアシを踊って明るく送り出すことが大切であり、私達も実際に太鼓やカチャアシをさせていただきました。

地域で守り続けている、嘉陽ならではの伝統を肌で感じられた濃密で楽しい1日でした。このような大切な行事に参加させていただいたことへの感謝を胸に、明日の豊年祭も頑張りたいと思います!