ウチナンチュの優しさ、久志の大自然、すべてこのじんぶん学校で僕は再発見できました。

朝早くから島袋さん夫妻に来ていただき、僕たちはじんぶん学校に行き、ハイキングを初めてこの嘉陽でしました。たくさん歩き、この地域独特の植物を観察し、島袋さんたちが大変苦労されて作られたハイキングコースに感動しつつ、展望台でみんなで見たヌーファの海はとてもきれいでした。

ハイキングコースを終え、浜辺には風景に全く違和感を与えない、自然とありのままに向き合っているような素敵なじんぶん学校がありました。ここではすぐにグループに分かれ、各自やることを頑張りました。自分は人生で初めてパパイヤを収穫しました。

みんなで浜辺に行くとウミガメが産卵したあとがありました。島袋さんたちも驚かれていて、初めてのヌーファの海で久志の大自然をこんなに身近に感じることができた貴重な体験は僕たちは一生忘れません。

自分たちで火を起こし、作った料理をおいしくいただき、疲れも吹っ切れ、最後のビーチクリーンにも拍車がかかりました。ここのじんぶん学校は海と山、両方がこの学校を形成しているため、僕たちも最後はビーチクリーンで取ったゴミを山の上のじんぶん学校の入り口まで運びました。こうしてじんぶん学校で過ごした一日は終わりました。

じんぶんとは知恵という意味だそうです。ここの学校ではじんぶんの大切さを改めて知り、創造性そして臨機応変に問題に落ち着いて対処できる、ボランティアで必要不可欠なスキルを磨くことができました。

島袋さん夫妻とのユンタクやアクティビティを通して知ることができた久志の人々の寛大さ、大自然の素晴しさ、そして都会では決して感じることのできない人の原点を知ることができて、この唯一無二の経験を絶対に忘れないよう、日々邁進していきたいです。

そして将来もし自分にも家族ができたら、自分の子どもにもここでの体験を僕みたいに経験してほしいです。

フットノート: じんぶん学校は自然をテーマに学べる施設です。