はいたーい!ついに沖縄やんばるB日程も残り3日となりました!

今日は朝から7日間お世話になった仲上門を離れ、あと3日間お世話になる安部の藤崎紅型の工房へお引越しをしました。嘉陽での生活は居心地が良くて仲上門を離れるのは少し寂しいですが、残り3日の生活も楽しんで行きたいと思います!

午後はみんなで瀬嵩区のスロートレッキングで山に登ったり、瀬嵩の集落を散歩したり、海でゆったりしたりしました。昔の人が通学路で使っていた足場の悪い山道には、人間も食べられる木の実が生えていたり、都会ではみられない虫がいたりと沖縄の自然に触れることができました。

海辺ではそれぞれ好きな場所でお昼寝したり、サンゴを拾ってアクセサリーを作ったり、後半溜まった疲れをゆったりと癒すことができました。今日行った瀬嵩のの海は嘉陽の海とはまた違う表情を持っていて、岩が多く、水も透き通っていました。普段都会にいる私たちからしたら海のイメージは一つだけど、久志地域にいるとそれぞれの海の表情に気づけてとても感動しました。

夜はお世話になる藤崎さんのモアイ仲間の人たちと一緒にモアイに参加させてもらいました。モアイとは沖縄のゆいまーる精神から来るお金の助け合いのことで古くから残る伝統文化です。それぞれお金を出し合い、ひとつの家計を助ける精神は地域文化が根強い沖縄ならではだなと思いました。イチャリバチョーデー、出会った人はみんな兄弟という言葉にある通り初めてあった私たちにも久しぶりに会ったようにお話ししていただいて、本当に地域の人たちのあたたかさを感じられた1日でした。