午前中近くの緑風学園にお邪魔し、中学3年生の教育補助を行いました。人なつっこく明るい子が多くいました。東京の中学生との違いが印象的でした。

午後の始めは沖縄美ら島財団さんの板井英伸さんより沖縄の船サバニと安部のハーリーについてのお話を聞きました。

歴史や作り方海神祭との関わりなどをお話しくださいました。サバニにはキョシュモンという正三角形の模様があり、それには正三角形が自然界には存在しないことから魔除けの意味が込められている。そしてその意味を知らずにその正三角形の模様を波のような模様にしてしまうというお話がとても印象的でした。地元の方でもこういった意味を知らずにそのようにして伝統や歴史は変わっていってしまうのだなと感じました。

3時ごろから地域の方の農作業のお手伝いをしました。慣れない作業に難しさや疲労感が伴うことが多かったです。その分地域の方のありがとうというお言葉には嬉しさを感じました。