地域の繋がりを見つけた2日目

昨日は、オリエンテーションだったのでボランティア活動は今日が初めてでした!

午前中は、前半に宿泊させていただいている

ペンションのガラス拭きと周りの掃き掃除、水流しを行いました!

新聞紙を使うと汚れが取れやすいというのをおじいに教えて頂き、早速拭いてみるとみるみるうちに汚れがとれて、楽しくなりました‼

とても良い環境を提供して下さってるので、感謝の気持ちを込めて精一杯掃除をして、更に綺麗にすることができました!

掃除のあとは、お昼ご飯をご馳走になりました。たくさんの沖縄料理に3人とも興味津々でたくさんたべてしまいました!

外で食べていたので、いろいろな方が通るのですが皆さん知り合いだったり、「沖縄そば食べていくか〜」と子供たちにおじいが話しかけていて、繋がりにとってもほっこりしました。

午後は民泊をしているおじいとおばあのお宅で草むしりと山菜についてまとめさせていただきました。

おばあと一緒に草むしりをしたのですが、おばあの早さに3人とも呆気にとられてしまいました。3人の出身地が全国各地バラバラだったよで、おばあと4人で方言や地域の違いについて話しながら作業ができ、同じ日本でも文化や暮らしの違いがあることを知ることができました。

夜はおじいとおばあにご飯をご馳走になりました!会話の中で沖縄では痛いを「あぐー」stopのことを「と」と言うことを教えて頂きました。

食後には、沖縄の伝統楽器「三板」をおじいが披露して下さり私達の歌う歌に合わせて音を奏でて下さりとっても楽しかったです。

繋がりや伝統を大切にしているやんばるを見れた2日目でした!