今日は緑風学園での9年生(中学3年生)との2回目の交流会があり、9年生のことより近い距離で会話を楽しみました。

私と一緒に会話をした子は都会の中学校と緑風学園の規模の差に興味津々で「学年のみんなの名前知らないの?!」「部活はいくつなの?!」などたくさん質問して来ました!

私は東京の公立小中学校で勉強し、クラスに40人くらいいるのが当たり前。学年で同じクラスにならない子がいるのは当たり前でした。自分にとっての小中学校の当たり前は彼らの当たり前でなく、緑風学園の当たり前が私たちの当たり前でない、、違いを認識してよりお互いの状況を理解し合うことの大切さを中学生の子から学んだ気がします。

今回2回の交流会を通して十分に話すことはできませんでしたが、このような気づきがたくさんあり、私たちボランティア生にとっても非常に収穫のある交流会でした。