さつま硫黄島 体験記

村おこしボランティア【さつま硫黄島コース】参加者による現地レポートをご覧ください!

最新の体験記

牛と猫とのおはようの挨拶からはじまる一日

硫黄島5日目! 今日は、牛と猫とのおはようの挨拶からはじまりました! 景色のいいところで飼われているのはとっても羨ましいです! 猫も気持ちよさそう、、、 はじめの作業は、じゃがいもの種埋めでした! 畝を作るのは見ているより断然に難しくてみんな苦戦しました。農園の方に助けていただきながら、なんとか完成、、、! そして、つぎに、バナナの株分けをしました! バナナも助け合って根付いていくんだなと思うと、大好きなバナナがもっと大好きになりました!! 島バナナは、甘かったり乾燥していたり様々らしいです。食べてみたい!!...

同じ喜びを分かち合いながらお仕事をするのはとても素敵だと感じました。

自炊のメニューを、毎日違う献立で考えるのに頭を悩ませながら、今日は「サツマイモ入り 親子丼」を作りました! お世話をしてくださっているゆうじさんが、なにかあったときのために、と用意してくださった唐揚げが冷凍庫に入ったままでした。しかし、何かしら工夫をして唐揚げを使いたいということで、サツマイモと玉ねぎと卵と一緒に煮て親子丼にしました! 普段食べている普通の食材だとしても、他の食材と合わせて何ができるかを考え、完成して食べているときはとても達成感がありました!!...

絶景で食べるおにぎりは別格! 

今日の朝ごはんは、昨日作った芋ご飯、芋と玉ねぎと白菜を入れた具だくさんな味噌汁、玉子と芋であえた炒め物? の芋尽くしの朝食でした。さらに、昨日親志さんに頂いた「秘伝のみそ」をトッピングに!! どれにいれても相性バツグン!! 美味しく頂きました。 食べた後は、センターのお風呂掃除。家とは違って広くて大変です。二手に分かれて丁寧に洗わせて頂きました! 終わった後は、昨日の芋畑の作業です。残しておいた芋を掘って午前は終了! お昼は「希望の鐘」で朝に作っておいたおにぎりを皆で分けっこ。絶景で食べるおにぎりは別格です!...

これまでの体験記

「これまでの体験記」では、過去にボランティア活動を行った日程ごとに、参加者からのレポートを読むことができます。

ここにない日程の体験記は「 すべての体験記」からご覧ください。

2018GW日程

2018年4月28日〜5月4日 参加者5名

2016春日程

2017年2月14日〜2月23日 参加者4名

村おこしボランティア【さつま硫黄島コース】は、大自然を感じるジオパークのなかで暮らしたい方にピッタリのボランティアです。