村おこしボランティアの評判

参加者によるECOFFのレビューをご覧になれます

 参加者の感想

堀江朋花さん(2019夏日程)

今回ボランティアで関わった現地の方々みなさんがとても優しく暖かく接してくださいました。何もかも未経験で役に立てることは少なかったかもしれないけど、 本当に様々なことを体験させてくれて、とても楽しかったしいい経験になりました。また八幡平に絶対行きたいと思ったし、えこふで他の地域にも行きたいと思いました。

松野健一さん(2019夏日程)

行くまでは「島」「地域」と一括りにして地方創生を考えていたが、今回焼尻島に行ったことで考え方が変わった。それぞれの島の風土や歴史・住民の考え方の違いを汲み取った個々の村おこしの方法を考えなければいけない。焼尻はモズクという名産品とオンコ林やサフォークという観光資源、天売島はウニという名産品と海鳥といった観光資源がある。それをしらないまま一括して「羽幌町」としての地方創生の手法を考えても羽幌本土にしか恩恵が及ばない可能性が多い。また町政が島をないがしろにしているという問題もある。町民も自島の魅力に気づいておらず、諦めの境地に達した結果誇りの空洞化に結び付いていると感じた。まずは自分の住む地域に存在する誇れるモノ(環境・産業・動物・人)を村民が共有し、観光客を呼び込むことで村おこしに繋げ、その先に移住や地方創生があるのではないかと感じた。

M.H.さん(2019夏日程)

農業や地域、そして自分自身のことについてたくさん真剣に考えることができ、とても充実してました。
また帰ることができる場所や素敵な方々との繋がりができたことは、私にとって大きな財産になりました。
そして島のことが大好きになりました。参加して良かったと心の底から思っています。

S.M.さん(2019夏日程)

町おこしについて深く考えられた長いようで短い10日間だった。どこの農家さんへ行っても、質問したことについてすごく親身になって答えてくださったし、教えていただいたことをミーティングで共有すると、ボランティアのメンバーの人たちからいろいろな視点の意見を得ることができて、すごく面白かったし、自分の考えていない視点からの意見だったりすると、こういう考え方もできるのかと新しい発見ができてすごく貴重な経験ができたと思う。僕はまだ一年生で、色々な経験ができる時期だから、エコフなどの活動に積極的に参加して、町おこしとは何かということについてさらに理解を深めていきたいと思った。

%

プログラムの満足度(※1)

%

世話人の満足度(※1)

%

もう一度行きたい率(※2)

(※1)2018夏日程から直近の日程のアンケート結果を集計し、5段階評価で「とても良い」「良い」を選んだ参加者の割合を表示。

(※2)2018夏日程から直近の日程のアンケート結果を集計し、「はい」と回答した参加者の割合を表示。

結果がありません。

リクエストされたページは見つかりませんでした。記事を探すには、検索条件を絞るか、上記のナビゲーションを使ってください。

%

プログラムの満足度(※1)

%

世話人の満足度(※1)

%

もう一度行きたい率(※2)

(※1)2018夏日程から直近の日程のアンケート結果を集計し、5段階評価で「とても良い」「良い」を選んだ参加者の割合を表示。

(※2)2018夏日程から直近の日程のアンケート結果を集計し、「はい」と回答した参加者の割合を表示。

匿名希望

今回のボランティアを通して、行かなければ想像もつかなかった暮らしをしている人がいるということを知りました。いろんな方のお話を聞いて、いろんな価値観があっていろんな生き方があるのだと学んだことが多いです。全部全部素晴らしい経験になりました。

%

プログラムの満足度(※1)

%

世話人の満足度(※1)

%

もう一度行きたい率(※2)

(※1)2018夏日程から直近の日程のアンケート結果を集計し、5段階評価で「とても良い」「良い」を選んだ参加者の割合を表示。

(※2)2018夏日程から直近の日程のアンケート結果を集計し、「はい」と回答した参加者の割合を表示。

匿名希望(2018夏日程)

最初は読み方がわからなかった甫嶺や綾里ですが、10日間過ごしたことで、地域の魅力に触れ、また来たいと思うようになりました。

世話人の方々が、私たちの思い出に残るボランティアにしようという想いが伝わりました。

普段できない経験ができ、行ってよかったと思える10日間でした。

篠﨑万智子さん(2018夏日程)

今回のボランティアで、自然の恵みの素晴らしさや漁師さんたちのかっこよさを感じることができました。

シュノーケリングで、優雅に泳ぐ魚たちや海藻を見て、感動しました。

そして、ウニやサンマなど、海の恵みをたくさんいただくことができました。苦手だったウニも、新鮮だったため、こんなに美味しいものだったんだと驚きました。

また、漁師さんたちから震災当時のお話を聞き、がれきの山になってしまった海を、元の海に戻したいという想いで、懸命な活動によってきれいになってきたことを知りました。

テレビなどから聞くのと、実際に聞くとでは、心に来るものが全然違いました。多くの方に知ってほしいですし、震災を考えるきっかけになると思いました。

そして、定置網の船に乗せていただいて、漁師さんの漁をする姿は、命と向き合う仕事であり、迫力があって勇ましかったです。

漁業について、この地域について学ぶことができて、本当に有意義な時間でした。

松下俊さん(2018夏日程)

三陸の海を愛して、7年半で甦らせて、未来へ伝えていこうとする、多くの魅力的な人たちに会えたのが、本当に光栄でした。

人々の想いや願いが詰まった三陸の海は、ただの海ではなくて、特別な海であると感じた。

だからこそ、その海に関係できたことは、本当に嬉しかったし、また戻ってきたいと思った。

本当に有意義な10日間でした。ありがとうございました!

匿名希望(2018夏日程)

毎日がとても楽しく、充実していました。ボランティア活動以外の時間にも様々な場所へ案内してくださり、様々な地域の方と繋がることができました。それがとても嬉しかったです。

ボランティア活動では漁船に乗せていただいたり、ブドウの収穫をさせていただいたりと、普段はあまり関わりのない一次産業と関わることができ、食の大切さや田舎の良さを体感することができました。

この10日間で伝えていただいたことや感じたことを、また違う人たちに伝えることも地域おこしやボランティアの一環となるのではないかなと思っているので、これから岩手で見たものや得たものを、もっと周りに話していきたいと思っています。

%

プログラムの満足度(※1)

%

世話人の満足度(※1)

%

もう一度行きたい率(※2)

(※1)2018夏日程から直近の日程のアンケート結果を集計し、5段階評価で「とても良い」「良い」を選んだ参加者の割合を表示。

(※2)2018夏日程から直近の日程のアンケート結果を集計し、「はい」と回答した参加者の割合を表示。

%

プログラムの満足度(※1)

%

世話人の満足度(※1)

%

もう一度行きたい率(※2)

(※1)2017夏日程から直近の日程のアンケート結果を集計し、5段階評価で「とても良い」「良い」を選んだ参加者の割合を表示。

(※2)2017夏日程から直近の日程のアンケート結果を集計し、「はい」と回答した参加者の割合を表示。

吉川さくらさん(2019夏日程)

初めて訪れた種子島という場所は、ただ自然が豊かなだけでなく、人も街も温かく優しさ溢れる方々ばかりでした。農作業に慣れていない私たちに、丁寧に優しく教えてくださった農家さんたちと、私たちがよりよく過ごせるようにしてくださった世話人の方々に感謝の気持ちでいっぱいです。ここで過ごした10日間は、一生忘れることのない大切な時間です。このボランティアが無ければ、種子島を好きになることも、また帰りたいと思うことも無かったと思います。そう思わせてくれたのは紛れもなく、そこに住む方々のおかげでしかありません。もっとたくさんの人がこの活動を知って、参加する人も増えていったら嬉しいと思うし、自分もこの島のこともボランティアのことも広めていきたいなと思います。

匿名希望(2019夏日程)

私は、このボランティアに、島の暮らしを体験したい、地域活性化を学びたいという気持ちで参加させて頂きました。始まって間もないころや、人に馴染めるか、自分の役割を果たすことができるか、自分の知りたいこと、学びたいことを学べるかという不安を抱くこともありましたが、とても親切に温かく接してくださる現地の方、頼れる参加者、私たちのプログラムが上手く行くように常に考えてくださった世話人の方のおかげで、自分の知りたいことを知り、学びたいことを学ぶことができました。自分の学びたいことが学べたから、これで終わり、というわけではなく、今度はここで学んだことを、お世話になった島のためにどう活かせるか、自分は、島のために何が出来るか、ということを考え、行動していきたいです。
また、このプログラムを通じて、たくさんの人と関わり、たくさんの知識や色々な考えに触れることで、自身を見直すきっかけになり、自身の成長も感じることができました。
本当にこのプログラムに参加して、この島に行ってよかったです。この島に行ったことは、自分の人生においての貴重な財産です。
本当にありがとうございました。

松岡健太郎さん(2019夏日程)

本当に沢山の方にお世話になり、迷惑をかけることもあったけど最後はみんな仲良しになれて良かったです。伝えたいことは沢山あれど、ありがとうの気持ちを1番に伝えたいと思いました!
当初様々な体験をしたいと思い参加しましたが、ヒサカキの剪定や農薬の散布、牛の子宮を触らせてもらえたりと本当に色々な体験をさせていただきました!楽しかった、だけでは終わらせず今回の体験をそれぞれにどう活かせるか考え、行動してみたいと思います!

匿名希望(2019夏日程)

私はこのボランティア活動を通して学んだこと得たことが2つあります。

1つは自分のことを知ることがとても重要だということです。私は種子島のことを知って、SNSで情報発信するなど誰でもできることでなく、「私だからこそ」できる村おこしをしたいと思いました。そのためには、自分の長所や好きなことを知ることが大切だと気づきました。

2つ目は、参加した人の多くが言うように、第2の故郷ができたことです。私のことを受け止めてくださる方ができました。一緒に真剣に話し合ってくださる方ができました。また成長した姿を見せに帰ってきたいです。

匿名希望(2019夏日程)

私はもともと心で思っていても行動に移すことが苦手でした。しかし、今回の経験から自ら積極的に行動することへの重要性を学びました。また、島の人たちの温かさを感じとても素敵なところでいっぱいだと感じました。また、自分を見つめ直すきっかけとなりました。そして、自分にできる村おこしはなんなのかを考えることで、今やらなくてはならないことや今後やっていく必要があることを改めて考えることができました。この経験は私にとってとても意味のある濃い経験です。ここで経験したことをたくさんの人に広げていきたいです。

%

プログラムの満足度(※1)

%

世話人の満足度(※1)

%

もう一度行きたい率(※2)

(※1)2017夏日程から直近の日程のアンケート結果を集計し、5段階評価で「とても良い」「良い」を選んだ参加者の割合を表示。

(※2)2017夏日程から直近の日程のアンケート結果を集計し、「はい」と回答した参加者の割合を表示。

R.M.さん(2019夏日程)

今まで経験したことのないような貴重な体験をたくさん得ました!何もかも簡単に手に入る都会で繰り返しの日々を過ごして鈍くなっていた感情が、竹島の豊かな自然やあたたかい人々と関わることで刺激され、自分自身を見つめ直すことができました。10日間、仲間のみんなと世話人の方と朝から晩まで一緒に生活をして、たくさん語り合って、本当にたくさん笑いました。別れがとても寂しいです。またこの竹島に絶対来たいと思います!

匿名希望(2019春日程)

とても楽しかった。これまでに考えなかったこと、知らなかったことが多く新鮮だった。見たことないような透き通った海、きれいな星空など、自然のすばらしさも体感できうれしかった。地域の結び付きがこれほど強い場所で過ごしたことがなく、自分が憧れていたような人のあたたかさの中で生活でき心が満たされた9日間だった。

いい思いをさせてもらった9日間だったが、本当は島で過ごすことで大変なこと、たとえば台風がきたり大雨が降ったり、病院にすぐ行けなかったり、いろんなことがまだ自分らの感じれなかった部分も含めてあると思う。楽しかった~で終わらせず、島の人をリスペクトしつつ、9日間で感じれたこと、話して学んだことを大事にしていければと思う。

M.H.さん(2019春日程)

任されたことだけこなす事がボランティアではなく、自分たちが主体的にすべき事を行うことの重要性を知りました。それを意識してやりたいことを挙げ、なぜそれをやりたいか伝えたつもりです。
初めて来た場所で短い期間の中で出来ることは限られていましたが、自分達のしたいように、世話人の方にサポートしていただき、とても感謝しています。
また人口80人の島では皆顔見知りで、密着していて分け隔てなく自分達を受け入れてくださる島の人は温かいと思いました。密着しているからこそのメリットを体験的に学ぶことができ、嬉しく思います。活動の中で自分の積極性の高まりも見えた気がして、島に来て良かったと本当に思います。全ての出会いに感謝したいです。

%

プログラムの満足度(※1)

%

世話人の満足度(※1)

%

もう一度行きたい率(※2)

(※1)2018夏日程から直近の日程のアンケート結果を集計し、5段階評価で「とても良い」「良い」を選んだ参加者の割合を表示。

(※2)2018夏日程から直近の日程のアンケート結果を集計し、「はい」と回答した参加者の割合を表示。

結果がありません。

リクエストされたページは見つかりませんでした。記事を探すには、検索条件を絞るか、上記のナビゲーションを使ってください。

%

プログラムの満足度(※1)

%

世話人の満足度(※1)

%

もう一度行きたい率(※2)

(※1)2017夏日程から直近の日程のアンケート結果を集計し、5段階評価で「とても良い」「良い」を選んだ参加者の割合を表示。

(※2)2017夏日程から直近の日程のアンケート結果を集計し、「はい」と回答した参加者の割合を表示。

結果がありません。

リクエストされたページは見つかりませんでした。記事を探すには、検索条件を絞るか、上記のナビゲーションを使ってください。

%

プログラムの満足度(※1)

%

世話人の満足度(※1)

%

もう一度行きたい率(※2)

(※1)2018夏日程から直近の日程のアンケート結果を集計し、5段階評価で「とても良い」「良い」を選んだ参加者の割合を表示。

(※2)2018夏日程から直近の日程のアンケート結果を集計し、「はい」と回答した参加者の割合を表示。

K.A.さん(2019夏日程)

とても充実した時間を過ごすことが出来た。島での生活は初めてで、わくわくの連続だった。台風の影響でバタバタと帰ることになり、お別れをきちんとできなかったのが残念だった。もっと準備をしてお別れをしたかった。また、初対面で偶然この日程で集まったメンバーだったが出会えて良かったと心から思った。また、再会したい。

匿名希望(2019夏日程)

労働は、確かに大変だったがその分、その地域の良い面だけでなく、大変な面も見つめれた。
都会で暮らしているからこそ、絶対に経験出来ない事を今経験出来てとても良かった。
ボランティアとして貢献しただけでなく、参加者との交流で自分の新たな一面を発見し、普段の生活では経験出来ない事を経験出来て良かった。

N.I.さん(2019夏日程)

私は何かをするにあたって決断ができず後回しにしてしまう性格なので、このボランティアをやるかどうか正直すごく悩みました。しかし、結果心の底からやってよかったと感じています。台風が運悪く近づき、私達の乗ってきたフェリー以降帰るまで欠航続きでした。つまり孤立した状態で、人の出入りも食べ物の入荷も無く本当の離島生活を体験しました。それでも毎日幸せでした。限られた食料で工夫して料理を作ったり、毎日のように会う島民の方と交わすたわいのない話。朝早く起きておにぎり作って朝日を見に行ったり、元気な時には海に飛び込んだり。部屋着でふらっと温泉行って、毎日一切化粧をしないありのままで外を歩く。これがここ宝島の幸せの形なのかなと感じました。言ってもたったの11日間です。私が経験出来たことは生活のほんの一部に過ぎません。しかしこの経験は、私の「生き方」についての考えに大きな影響を与えてくれました。そして一緒に生活した仲間の多種多様な生き方、考え方、価値観や悩みなども沢山吸収できました。

A.K.さん(2019夏日程)

新しくできる飲食店の改装はとても暑くて大変だったが、仲間と協力することの楽しさを知ることができる良いきっかけになった。また、島民の方々と交流することでより宝島の良さを感じることができた。
このボランティアに参加することで参加する前の自分よりも成長する事が出来たと思う。

%

プログラムの満足度(※1)

%

世話人の満足度(※1)

%

もう一度行きたい率(※2)

(※1)2017春日程から直近の日程のアンケート結果を集計し、5段階評価で「とても良い」「良い」を選んだ参加者の割合を表示。

(※2)2017春日程から直近の日程のアンケート結果を集計し、「はい」と回答した参加者の割合を表示。

結果がありません。

リクエストされたページは見つかりませんでした。記事を探すには、検索条件を絞るか、上記のナビゲーションを使ってください。

%

プログラムの満足度(※1)

%

世話人の満足度(※1)

%

もう一度行きたい率(※2)

(※1)2017夏日程から直近の日程のアンケート結果を集計し、5段階評価で「とても良い」「良い」を選んだ参加者の割合を表示。

(※2)2017夏日程から直近の日程のアンケート結果を集計し、「はい」と回答した参加者の割合を表示。

%

プログラムの満足度(※1)

%

世話人の満足度(※1)

%

もう一度行きたい率(※2)

(※1)2017夏日程から直近の日程のアンケート結果を集計し、5段階評価で「とても良い」「良い」を選んだ参加者の割合を表示。

(※2)2017夏日程から直近の日程のアンケート結果を集計し、「はい」と回答した参加者の割合を表示。

K.T.さん(2019春日程)

想像した以上に学びが多くて、学校では学べないことが学べるとはこういうことなんだな、と感じました。
12人での共同生活は慣れないこともありましたが、お互いを尊重しあったり感謝しあうことの大切さを感じました。
エコフでの活動を通して、自分の将来を見つめ直し、やりたいことや楽しいと思えることを全力でやりたいと感じました。間違いなくエコフでの生活は自分の人生にいい影響を与えてくれたな、と思います
本当に充実した10日間だったと思います。

%

プログラムの満足度(※1)

%

世話人の満足度(※1)

%

もう一度行きたい率(※2)

(※1)2018夏日程から直近の日程のアンケート結果を集計し、5段階評価で「とても良い」「良い」を選んだ参加者の割合を表示。

(※2)2018夏日程から直近の日程のアンケート結果を集計し、「はい」と回答した参加者の割合を表示。

T.K.さん(2019夏日程)

「ボランティアとは何か」という問いに対する具体的な答えを見つけることができないまま活動を終えてしまったので、はっきりとは言えませんが、地域の産業・文化を維持することを手伝う事が今回の「ボランティア」の役割であるとするのであれば、この地域の一年で最も大きな行事のお手伝いをできたので、一定の役割は果たせたのではないかと考えています。
最初のうちは、「外部からの手を借りないと続ける事ができない、しかもお金にもならない行事を残すことを手伝うことが本当に地域おこしになるのか」と疑問に感じていました。しかし、祭りの準備を手伝ったり、地域の方々とお話をするうちに、この地域の方々は今回の祭りに大変誇りを持っているし、語り継ぎ、後世に残していくことを使命考えている方も多くいらっしゃいました。
都会に生まれ育ち、物事を「お金」という指標でしか考えたことのなかった僕等にはなかなか理解し難い価値観ですが、このような目には見えない「文化」を語り継ぐことのお手伝いをする、という事がこの地域の方々が望む「村おこし」なのかなと感じました。

%

プログラムの満足度(※1)

%

世話人の満足度(※1)

%

もう一度行きたい率(※2)

(※1)2019夏日程から直近の日程のアンケート結果を集計し、5段階評価で「とても良い」「良い」を選んだ参加者の割合を表示。

(※2)2019夏日程から直近の日程のアンケート結果を集計し、「はい」と回答した参加者の割合を表示。

結果がありません。

リクエストされたページは見つかりませんでした。記事を探すには、検索条件を絞るか、上記のナビゲーションを使ってください。

%

プログラムの満足度(※1)

%

世話人の満足度(※1)

%

もう一度行きたい率(※2)

(※1)2018夏日程から直近の日程のアンケート結果を集計し、5段階評価で「とても良い」「良い」を選んだ参加者の割合を表示。

(※2)2018夏日程から直近の日程のアンケート結果を集計し、「はい」と回答した参加者の割合を表示。

匿名希望

今回のボランティアを通して、行かなければ想像もつかなかった暮らしをしている人がいるということを知りました。いろんな方のお話を聞いて、いろんな価値観があっていろんな生き方があるのだと学んだことが多いです。全部全部素晴らしい経験になりました。

 次の参加者へのメッセージ

結果がありません。

リクエストされたページは見つかりませんでした。記事を探すには、検索条件を絞るか、上記のナビゲーションを使ってください。

結果がありません。

リクエストされたページは見つかりませんでした。記事を探すには、検索条件を絞るか、上記のナビゲーションを使ってください。

匿名希望(2019夏日程)

2つあります。

1つは感謝と礼儀を忘れずに、積極的に行動することです。私たちはこのことができたから島の人々と最高の関係になれたのではないかと思います。島の人たちが優しすぎて感謝と礼儀を忘れそうになりますが、絶対忘れないでください。

2つ目は、このボランティア期間も重要ですが、帰ってからの行動がもっと重要だということです。島の人々から学んだことをどう自分に生かしていくか、どのようにすれば村や島の外側から良い影響を与えることができるか、自分にできることを考えるべきです。

A.S.さん(2019夏日程)

迷っているのなら行け、という意のメッセージを見たことがありますが全くその通りです。こちらが真面目に頑張っていれば地域の方はそれに必ず応えてくれます。もしかしたら辛くて苦しいこともあるかも知れませんが全日程を終えた後の達成感は山を登り切ったものに近く、とても気持ちのいいものです。学ぼうとする気持を持ち続けて活動すれば得るものは必ずあります。もしも1人が不安なら友達でも誘って参加してみてはいかがでしょうか。

結果がありません。

リクエストされたページは見つかりませんでした。記事を探すには、検索条件を絞るか、上記のナビゲーションを使ってください。

結果がありません。

リクエストされたページは見つかりませんでした。記事を探すには、検索条件を絞るか、上記のナビゲーションを使ってください。

結果がありません。

リクエストされたページは見つかりませんでした。記事を探すには、検索条件を絞るか、上記のナビゲーションを使ってください。

S.d.さん(2019春日程)

9日間、未知の場所でボランティアをすること、初めて会う人と共同生活をすることは、参加のハードルを上げているかもしれません。ですが、9日間のプログラムを終えたあと、「行って良かった!」と思うでしょう。大変なことももあるとは思いますが、参加しなければどれも味わうことができません。
少しでもやってみたい気持ちがあったら、思い切って参加してみて下さい!
自分だけの経験を味わうことができますよ!

結果がありません。

リクエストされたページは見つかりませんでした。記事を探すには、検索条件を絞るか、上記のナビゲーションを使ってください。

結果がありません。

リクエストされたページは見つかりませんでした。記事を探すには、検索条件を絞るか、上記のナビゲーションを使ってください。

結果がありません。

リクエストされたページは見つかりませんでした。記事を探すには、検索条件を絞るか、上記のナビゲーションを使ってください。

結果がありません。

リクエストされたページは見つかりませんでした。記事を探すには、検索条件を絞るか、上記のナビゲーションを使ってください。

 世話人へのお礼

黒川友岐さん(2019夏日程)

たくさん参加者のことを考えてくださってありがとうございました。その気持ちがすごく嬉しかったです。
地域の方々の気持ちに寄り添うことができずに、御迷惑をおかけしてしまうことがあったと思います。言いにくいこともちゃんと伝えてくれて、変わろうと思わせてくれて本当にありがとうございました。世話人の方に会いに、また帰りたいです。

W.W.さん(2019夏日程)

ノグチさん、短い期間でしたがお世話になりました。もう少し島民の皆さんのお手伝いはしたかったですが、これはこの短い時間ではしょうがないです。2度目になりますがこれ以上ないほどに面白かったです。ありがとうございました。また伺うと思います。その際はどうぞよろしくお願いします。

M.H.さん(2019夏日程)

10日間本当にお世話になりました。私たち一人一人のことを見て、時には厳しく時には優しく真剣に向き合ってくださり、たくさんのお話をしてくださって、本当に感謝しています。この感謝の気持ちを、自分なりに伝え続けていけるよう、これからも頑張っていきます。本当にありがとうございました。

村おこしボランティアは、第2のふるさとが見つかる
離島・農山漁村 住み込み型のボランティアです。

村おこしNPO法人ECOFF