メッセージ-種子島-2019夏

R.K.さん(2019夏日程)

10日間知らない場所で知らない人と共同生活したり、慣れないことをすることにとても怖いと思う人がいると思います。私も行くと決めてからも不安でいっぱいでしたが、普段の生活では得られないたくさんの経験が出来ると思うので、是非参加してみてほしいです!

N.F.さん(2019夏日程)

島でのボランティア活動は普段の生活では経験のできないことしかないです。本当に来て良かったです。薄っぺらいことしか言えないけど、迷ったら参加するべき!本当にそう思います。

M.H.さん(2019夏日程)

自分次第で、無限に成長することができる環境が整っています。この10日間の充実した活動は言うまでもなく、この活動以降も続く人々との関係がたくさんあります。自分の生まれたところと全く違うような遠い所に帰る場所ができるのは、本当に素敵なことです。迷ったらぜひ参加することをおすすめします。

S.M.さん(2019夏日程)

「町おこしをしたい」
この言葉を発しているだけでは何も始まりません。現地へ行って、いろいろな町の現状を見て、自分には何ができるのだろうと考えることが大切です。だから、町おこしに興味があれば、積極的にエコフのボランティアに参加するべきだと思うし、その経験は町おこしとは何かということを考える上で大切になってくることではないかと思います。

匿名希望(2019夏日程)

島の方々とのコミュニケーションを大事にし、積極的に行動することを心がけるといいと思います。

匿名希望(2019夏日程)

たくさん農家さんからお話を聞いて、自分が得られる限りの情報を得て周りの人に知らせてください。

K.f.さん(2019夏日程)

悩んでいるならば、行くべき。自分も時間的にもお金的にも厳しい時期で、行くか迷ったが行ったことを一切後悔していないし、行ったことで農家さんの手伝いをするだけでなく、自分についても知ることが出来た。

吉川さくらさん(2019夏日程)

このボランティアでの経験は、お金に変えられるものではありません。たった10日間ではあるけれど、得られることはたくさんあります。どんな理由であれ、参加することに意味があると思うし、そこで出会う人たちは自分にとって大切な存在になりました。自分がやりたいと思ったこと、感じたことは遠慮なく言葉にして、悔いのない10日間にしてもらいたいです。

匿名希望(2019夏日程)

自ら行動することで、自分が得たいものを得られるボランティアです。普段の生活よりも、少し積極的に行動することを意識すると、今までと違う自分に出会え、充実した時間が過ごせると思います。

匿名希望(2019夏日程)

2つあります。

1つは感謝と礼儀を忘れずに、積極的に行動することです。私たちはこのことができたから島の人々と最高の関係になれたのではないかと思います。島の人たちが優しすぎて感謝と礼儀を忘れそうになりますが、絶対忘れないでください。

2つ目は、このボランティア期間も重要ですが、帰ってからの行動がもっと重要だということです。島の人々から学んだことをどう自分に生かしていくか、どのようにすれば村や島の外側から良い影響を与えることができるか、自分にできることを考えるべきです。