感想-奥尻島-2020夏

中込裕大(2020夏日程)

今回のボランティアではたくさん学んで色んな人に出会えました。
その中で”日常にある幸せや奇跡に気づくこと”や”自分らしくありのままに生きること”、”優しさと温もりを持って人と接すること”などを学びました。
ゲストハウスの名前の意味でもある”今ここにある奇跡”を大切にしてこれからも一生懸命生きていきたいと思いました。

続きを読む

匿名希望(2020夏日程)

本当に多くの経験をさせて頂いた10日間だった。都会と比べて不便なところもあるが、だからこそ周りに目を向けて協力し合う豊かさにも気付く事ができたと思う。

続きを読む

船冨紀帆さん(2020夏日程)

美味しいものがあるから、綺麗な自然や風景が存在するから、楽しいアクティビティや体験があるから、など。
普段住む場所を飛び出し特定の地域に足を運ぶには様々な理由や動機があると思いますが、「この人に会いたいから、ここに行きたい」と思える、人が動機となる地域はなかなかに存在しません。
わずか10日間ではありますが私は奥尻島での大切な出会いを通し、いま、「奥尻島のみんなに会いたいから、また奥尻島に行きたい」と感じています。
よそよそしい土地ではなく、まるで第二の故郷のように感じられるようになったのは、まぎれもなく島の方々が見知らぬ大学生である私たちに10日間を通して沢山の愛情を注いで下さったからです。
苦難を極めることもありつつ、美しく温かな奥尻島であんなにも素敵な時間を過ごせたこと、今後に繋いでいきます。
奥尻島、ありがとう!

続きを読む

横須賀小桜さん(2020夏日程)

勇気を出して1歩踏み出すことで、想像を超える出会いと経験がまっていることを改めて実感できました。
都会では感じられない島ならではの文化や歴史を自分の五感を使って学べたことで文面で勉強するよりも自分の心の中に生き続けると思います。さらに島民の方のお話は人間として大切なことを教えてくれました。
このような状況下の中、携わってくださった皆様に感謝します。

続きを読む

S.N.さん(2020夏日程)

奥尻島での活動はイメージにあるボランティア活動とは全く違うものでした。
ボランティアと聞くと現地の人のお手伝いをするという感覚でしたが、世話人の外崎さんの考えは、奥尻島を知ってもらうことがボランティアというものでした。
そのため、今回のボランティアは私たち参加者が学ばせてもらえる機会が多かったなと思います。
自然の壮大さだけではなく、人と自然がどのように折り合いをつけていくべきか、島の大切なものを守るためにはどのような策があるか、たくさんのことを考えさせられました。
しかし、満天の星空や木漏れ日の差すブナ林、海と空と緑が一面に広がる景色は言葉にならないくらい本当に素晴らしくて伝えきれないことがもどかしく感じました。
初めて見るものや感覚に溢れていました。とにかく参加してよかったです。

続きを読む

匿名希望(2020夏日程)

初めての離島で初めてエコフに参加しましたが充実した夏を送れて良かったです。ボランティアとして参加しましたが本当に沢山の体験をさせて頂き感謝しかないです。この恩を返しにまた奥尻島に行きます!

続きを読む

K.N.さん(2020夏日程)

もっと早くに知れたら良かったと思うほど、良い経験が出来ました。今回出会った方のことは絶対忘れませんし、ここで出来た経験も忘れません。今後また個人的に奥尻へ行こうとも思っています。また。ECOFFの活動でも違う地域に行って、貢献したいと思いました。

続きを読む

N.A.さん(2020夏日程)

本当に充実した10日間でした。本当にたくさんのことを感じて、自分の生き方について改めて考えさせられました。自然も人々も素敵な島で、奥尻が大好きになりました。
また奥尻に帰ってきたいと強く思っています。

続きを読む

倉林紗良さん(2020夏日程)

学生最後のボランティア活動が奥尻での村おこしボランティアで本当に良かったと思います。
「発信」の重要性について理解することができたことが大きかったです。

続きを読む