嘉陽で7人で共同生活をしながら過ごした10日間は一生の思い出

嘉陽で7人で共同生活をしながら過ごした10日間は一生の思い出

今日は最終日ということで朝8時の区内放送で1人ずつ挨拶をさせていただきました。放送を聞いて、さよおばあがお別れをしに来てくれました。さよおばあの「嘉陽を愛してくれてありがとう」という言葉で10日間の出来事を色々と思い出し、胸が熱くなりました。

これからも大浦や瀬嵩の方々との交流を続けていきたい!

これからも大浦や瀬嵩の方々との交流を続けていきたい!

今日は民泊先でおいしい朝ごはんを頂き、パワー全開でのスタートを切れました。その後、サーターアンダギーの作り方を教わりました。自分たちで作った揚げたてのサーターアンダギーは、思わずつまみ食いを何回もしてしまうほど美味しかったです!

地域で守り続けている伝統を肌で感じられた、濃密な1日

地域で守り続けている伝統を肌で感じられた、濃密な1日

今日はまず、明日の豊年祭に向けた準備をしました。嘉陽の区長さんと一緒に皆で公民館やガジュマルの木の周辺を掃除しました。 夜ご飯には、仲上門のくみこさんに作っていただいたソーキが入ったお汁などを美味しくいただいた後に、一緒に仏壇に手を合わさせていただきました。