2016春-喜界島C

喜界島でのかけがえのない経験に感謝

今日はボランティア生の喜界島の滞在最終日でした。最終日は荷物をまとめて、各々がいつものように喋ったり、だる絡みをしたり、トランプをしていたのですが、いつもと同じ光景のはずが、今日だけは少し違って見えました。

最後の晩御飯は楽しさ半分、寂しさ半分…

今日は農作業最終日でした。朝から 各自担当者のところへ行き作業を行いました。私の班は畑へ行き、キャベツをトラックへつめこみ、キャベツやブロッコリーのカットと洗浄を行って市場に出せるようにするお手伝いをさせていただきました。

農業は大変だけれど、とても楽しく毎日が充実しています!

今日はブロッコリーとキャベツの収穫をしました。雨が降ったため農作業がしづらく農業の大変さを改めて感じました。畑で体を動かしたあとにはとてもお腹が空きました。お昼ご飯はお店でゴマラーメンなどをごちそうになりました。

貴重な体験、牛の競り見学!

[喜界島Cレポート 6日目] 今日は朝から牛のせりを見に行きました。牛をひくのは難しかったけど、貴重な経験でした。 午後からは、さとうきび工場の見学とビーチに行きました。

こんなに間近で牛をさわるのは初めてで、少しドキドキ!

午前中は、キャベツの収穫と明日せりにだす牛のブラッシングなどを体験させてもらいました。こんなに間近で牛をさわるのは初めてで、少しドキドキしました。 お昼に、いただいた伊勢海老などを食べて、午後からは、みんなで釣りに行きました。

喜界島生活、毎日幸せです!

今日も班ごとに別れての作業でした。私達2班はトマトとブロッコリーの収穫でした。 トマトはおしりの方がやんわり赤くなっていたら取ってもいいサインで一日に何個ものトマトを収穫する事ができました〜!

島で野菜を育て、出荷するまでには様々な苦労を実感!

今日も班ごとに別れて作業をしました。私たちは選果場でさまざまな野菜の出荷するまでの作業をするお手伝いをしました。 今日は選果場で働いているトシキ君に教えてもらいながら、鹿児島まで運ばれるコンテナに箱詰めした野菜を積みました。

いよいよ喜界島での農作業に!

今日からはいくつかの班ごとに分かれていよいよ農作業に入りました。僕たちのグループは農家さんから届く野菜を選別して出荷するまでの一連の作業をやることになりました。 初めての選別作業で最初は緊張していましたが、スタッフの方々が暖かく迎え入れて下さり、仕事も楽しく教えてもらい、夕方になる頃には自分の担当した作業にはだいぶ熟練しました!特にトマトを入れるダンボール作りの速さは誰もが目を疑うほどでしょう。一瞬です。

初日でもうすでに喜界島の事が大好きに!

今日はボランティアの皆さんが朝早くにフェリーに揺られて喜界島にやって来たので、疲れも溜まっていて、朝はみんなで爆睡しました。 みんなでお昼ごはんに親子丼を食べて、その後は近所を散歩しました!