感想-三陸漁場-2019夏

I.K.さん(2019夏日程)

今回ボランティアに参加して、私が目的としていた【東北を自分の目で見る】を果たすことができました。たくさんの人に出会い、色々な話を聞けたことがとても印象的でした。自分が10日間でできたボランティアは長い目で見ればちっぽけだったと思います。しかし、これからの私の人生における確かな一歩だったのではないかと感じています。ありがとうございました。

I.K.さん(2019夏日程)

今回ボランティアに参加して、私が目的としていた【東北を自分の目で見る】を果たすことができました。たくさんの人に出会い、色々な話を聞けたことがとても印象的でした。自分が10日間でできたボランティアは長い目で見ればちっぽけだったと思います。しかし、これからの私の人生における確かな一歩だったのではないかと感じています。ありがとうございました。

匿名希望

地域の一員となって十日間を探すというのは滅多にできない体験でとても楽しく、充実した時間を過ごせた。

福田奏太さん(2019夏日程)

今回ボランティアに参加してほんとに良かったなと思っています。直接現地にボランティアという形で参加して学ぶことばかりでした。現地の人は助け合い精神が強くとても憧れの存在でした。また時間が合えば参加したいと思います。

冨田充花さん(2019夏日程)

ボランティアに行く前は、10日間長いなぁと思っていたけど実際に活動してみるとあっという間でした。実際に、綾里漁業に行って地域の人達の温かさ、漁師さんや海の現状など現地に行ってみないと知ることのない事をたくさん教えてもらいました!東日本大震災から8年経った今でも、海の中ではたくさんの瓦礫がまだあり、まだまだやらないといけないことがたくさんあるんだなぁと思いました。また、一人一人にできることは小さいかもしれないけど、沢山の人でやれば大きな力になるんだとわかりました。
今回、沢山の人に出会い、仲間が増えて三陸が大好きになりました!また、すぐに行きたいと思います!自分の中で第2のふるさととなりました! 人として成長できました!
充実した10日間をありがとうございました!

E.F.さん(2019夏日程)

学生最後の夏休みに綾里漁場に来ることを選んで本当に良かったと思っています。ダイビングライセンスの講習を通してダイビングの楽しさや海の生き物について学んだり、船の上で漁師さんから漁業や地域について教えていただき、なによりそこで生活することで現地の人の暖かさを知った10日間でした。また、復興において、日々の漁業において、海の環境を守る活動をしてきたダイバーさんの重要性を感じました。活動前に比べ、海に親しむ思いも強くなりました。今回の体験を通してダイビングや漁業への興味が湧いてきたため、今後は積極的に調べたり、海に行こうと思っています。

高橋里央さん(2019夏日程)

10日間、濃すぎて一言じゃ表せないです。
しかし1つ言えることは、関わった人たちみんなが素敵で、この地域の人たちが大好きになって、三陸が大好きになったということ。
帰りのバスの時から家族に、友達に、先輩に、この地域が素晴らしかったということを伝えています。絶対行くべきだということも合わせて。

私は震災当時は何もできませんでした。それでも今、この地域へ行って、素晴らしさを知って、周りに伝えることが地域の力に少しでもなれば…そう思っています。

またすぐに必ず行きます。いつか行くではありません。すぐに行きます。

充実した10日間をありがとうございました。

落合博之さん(2019夏日程)

人との繋がりの大切さ
伝えることの必要性
一歩踏み出す勇気
共生していくことの難しさ
漁業の楽しさと残酷さ

まだまだ多くの事をこの10日間で学ばせていただきました。
ボランティア活動としては私が地域の方々のために出来たことはほとんどなく、逆にもてなされてしまったことに少し申し訳なく感じています。これから私ができることは少しでも多くの人に受けたやさしさやきびしさ、うれしさ、喜びを伝えていくことだと思っています。そしてなにより私自信が今回出来た和を切らさないようにすることだと考えています。10日間と短い間でしたがかけがえのない経験になりました。有り難うございます。

伊東悠太さん(2019夏日程)

参加できたことが本当に大きかったです。世話人の方、地域の方、参加できたことで知れたこと、体験できたこと、学べたこと、繋がれた人。本当に大きな大きな機会でした。

S.S.さん(2019夏日程)

普段できないことをたくさん経験できて充実した時間を過ごせたし自分一人で生きているわけではないんだと改めて思った。人とのつながりの大切さを実感し、まわりのみんなに助けれて経験できたことを地元へ帰っても忘れずいかしたいと思う。