感想-渡嘉敷島-2019夏

Y.Y.さん(2019夏日程)

村のことを本当の意味で知ることができた!例えば、もし渡嘉敷島に観光で訪れていたら、綺麗な海しか見ていないと思うが、ビーチクリーンを通して、ゴミが落ちている現状を知れた。そして、そこから問題意識が芽生えたことによって、帰ってからの行動も少し変わった。例えば、ペットボトルを買うのではなくて、水筒を持参するようになった。自分に出来ることは何か、を常に考えることの大切さを学んだ。

匿名希望(2019夏日程)

初めてボランティアとして離島に行って、初めは緊張や不安がありましたが、世話人の方や島の方のおかげで学びが増え楽しい生活となりました。また渡嘉敷島に行きたいと強く思います。

Y.A.さん(2019夏日程)

初めは緊張したけれど仲間のみんなや世話人の人も優しくて地元にいたままでは体験できないことを出来、自分にとっていい経験になりました。活動を通して、たくさんの島の人に声をかけてもらいコミニュケーションのとることの大切さも学ぶことが出来ました。

髙橋祐一さん(2019夏日程)

3回目の参加になるが、通常の旅では絶対に出来ないような面白い体験を今回もたくさんさせてもらうことが出来た。町内会を盛り上げている稲守区長や、座間味村長からも、感謝の言葉を何度も頂くことが出来、涙を流す場面もあるなど、本当に貴重な体験をすることが出来た。

匿名希望(2019夏日程)

今回のボランティアを通して、小さな島だからこそのコミュニティの良さ・大変さを学ぶとともに、自然と共存する難しさを学ぶことができた。そして、様々な活動から得ることは非常に多くあり、自分にとって身になる刺激的な経験だった。

匿名希望(2019夏日程)

沢山の人に出会うことができ、普段体験できないことも体験することができ、とても充実した10日間を過ごすことができました!