2015年ともそろそろお別れの時期になりました! みなさん今年は誰とどこで年を越しますか? ECOFFのボランティア参加者だったら、かけがえのない仲間といっしょに台北101の花火を見ながら過ごすことでしょう!

さて、今回は2016年の台北101の年越し花火はどこで観るのがベストなのか、当日はどのような予定を立てるといいのか、そして注意事項をご紹介します。

台北101の花火大会のどこがすごいの?

数ある年越しイベントの中でもなぜ台北101の花火がこんなにも人気なのか? それにはもちろん理由があります。

3万発の花火が238秒で一気に打ちあがる!

台北101の見事な花火

台北101の花火の魅力は、台北一の高さを誇る巨大なビルからいっきに花火が打ち上げられるところ。日本の花火だと、ゆっくり時間をかけて花火を打ち上げますよね。

台北101の花火の場合はそんなのんきじゃありません。年越しの瞬間にドババババーッと打ち上げます。その間なんと238秒! 238秒で3万発全部打ち上げるっってすごくないですか?

逆に、たったの238秒? と思うかもしれません。が、あなどるなかれ。これは台北101の花火史上最長の長さなんですよ。って毎年最長なんですけどね。来年は239秒以上になることは間違いないでしょう。ちなみに2015年は218秒でした。

なお、今年の台北101花火のテーマは「Nature is Future」だそうです。

豪華ゲストが集結する無料野外ライヴ!

台北101花火と同時開催される無料野外ライヴ

このように花火自体はわずか数分で終わるのですが、その前に5時間にわたる超豪華ゲストが集結する無料の野外ライヴ「2016臺北最High新年城」もあるんです。

これは台北市が2004年から毎年行っているイベントで、年越しの際には台湾の主要都市どうしが張り合ってこうしたイベントを開催しているんですね。

なのでそれらの年越しイベントは、市の威信をかけたイベントということ。どの市にどの人気アーティストが来るのかに市のプライドがかかっているんです。だから豪華なんですよ〜。

ちなみに台北市では今年もMRT(電車)「市政府站」(「站」は駅の意味)の「臺北市政府前市民廣場」で19時から1時まで開催されます。

電車も24時間フル稼働!

この日ばかりはMRTも24時間フル稼働。遠くから来ても終電の心配をしないで台北101の花火を楽しめるんですね。

ただし来場客数がシャレにならない量なので当日は19時から臺北市政府前市民廣場付近の駅で入退場規制がかかります。この辺の注意事項は後で詳しくご紹介します。

もしかしたら今年で最後かも

毎年話題に上がる「台北101花火は今年で最後」という噂。昨年は「台北101の近くに高層ビルが建ち、花火の打ち上げが危険になるので来年はなくなる」というまことしやかな噂が流れていました。

今年は「不景気でスポンサーが見つからないため来年はなくなるかも」「来年以降はLED照明に置き換えか?」というまことしやかな噂がささやかれています。

なんとも言えませんが、本当に今年で最後になる可能性もある以上、見に行くことをおすすめしますよ。

2016年の台北101花火はどこで見るのがいい?

象山からの台北101

台北101は台北市内で一番高いビルなので、近くに高いビルがなければ遠くからでも花火を見ることができます。なので、台北101が見える場所からならどこでもいいということになりますね。

おすすめはやっぱり臺北市政府前市民廣場ですが、その他にもおすすめスポットがあります。

ライヴを楽しみながら年越し

最近の花火は音楽といっしょに楽しむものなので、できれば音楽が聞こえる場所がいいですよ。そう、やっぱり臺北市政府前市民廣場がおすすめです。ライヴの後はみんなで年越ししましょう!

アクセス方法は簡単。MRTで「市政府站」まで行って案内看板に従って進むだけです。もしくは人の波に乗って行きましょう。それか台北101に向かって歩きましょう。

静かに年越し

人ごみはちょっと…という方は、少し離れた場所で台北101の花火を見るのがおすすめです。

台北101がきれいに見えることで有名な「象山」はもちろんのこと、「國父紀念館」などがおすすめです。昨年の情報ですが、下記URLの紹介がわかりやすいですよ。

>煙火數位地圖<

そうそう、先ほど音楽も楽しみたいですよね〜と書きましたが、遠くにいる方もご心配なく。実は当日使用される音楽はネットから事前にダウンロードできちゃうんです。次のページの下の方にある「DOWNLOAD MUSIC」をクリック!

>新年煙火音樂<

当日の過ごし方

年末年始の村おこしボランティア【台湾 淡水コース】参加メンバーも台北101の花火と共に年越しをしました

当日の台湾は平日なので、夕方までは一般の方はお仕事をしています。その後、仕事終わりの時間から臺北市政府前市民廣場にたくさんの人が訪れます。

更に、当日は電話がつながりにくくなりますので、友達と待ち合わせをする場合はわかりやすい場所で早めに会う方が良いでしょう。ライヴを観たい場合は遅くとも18:30には会場に来ているほうが無難です。

年越しの瞬間にお待ちかねの花火が始まり、その後いっきに人が駅に向かいます。後ほどご説明しますが、当日は19時から交通規制が始まり、花火終了後も駅への入場規制があります。

そのため、花火終了後にすぐに駅に向かっても長蛇の列に並ぶこととなります。が、ライヴ自体は深夜1時まで続くので、それまでいたほうがいっそのこといいかもしれません。体力が持てばですが(笑)

2016年の台北101花火の注意点は?

さてさて、どこで見るかを決めたら何に注意したほうがいいかを知っておきたいですよね。当日、特に臺北市政府前市民廣場で台北101の花火を見るという方は、下記の点に注意する必要がありますよ。

交通規制に注意

当日は臺北市政府前市民廣場周辺で交通規制が実施されます。簡単に言うとある時間を過ぎると駅に入ることも駅から出ることもできなくなるということです。

詳しくは下記の図の通りですが、「市府轉運站」(バス停とMRTの駅を兼ねた時の呼称です。MRTで来る場合はMRT「市政府站」で下りれば大丈夫です)と書いてある駅のすぐ近くがライヴ会場です。

台北101年越し花火2016の交通規制について

緑色の線に囲まれたエリアは19時〜20時まで交通規制がかかるので、この間はMRT「市政府站」で電車を降りても駅から出ることができない可能性があります。バスもこの時間帯は乗り入れできないので、途中で降りて歩くことになるはずです。

この間は詳細は下記ページでご覧になれます。

>跨年晚會活動交通管制<

電話がつながらないので注意

当日は携帯電話がほとんど通じなくなります。万一はぐれた時のために集合場所と時間を相談しておきましょう。

周辺に屋台はありません

不思議なことにライヴ会場う付近には屋台はほとんどありません。近くのコンビニはすごく混むので、事前に夜食を準備したほうが良いでしょう。

おすすめはコンビニ弁当と台湾ビール。もちろん、その前に夜市に行ってテイクアウトしてくるのもいいですね。

トイレはあります

一応、仮設のトイレがありますが、あまり清潔ではないので苦手な人は覚悟しておきましょうね。海とか山にあるようなタイプのトイレです。

まとめ

というわけで、2016年の台北101花火のモデルコースは次のようになります。

  • 〜18:00 市内で食事
  • 18:00〜18:30 夜食と飲み物を準備して臺北市政府前市民廣場へ
  • 19:00〜 ライヴ
  • 24時 台北101花火
  • 25時 ライヴ終了
  • 26時 ホテル到着 爆睡

それでは、2016年の年越しは台北101花火で盛り上がりましょう!