村おこしボランティア【喜界島コース】の評判

村おこしボランティア【喜界島コース】参加者の感想や評判、レビューをご覧ください!

本当に最高でした!! 必ず喜界島には帰ってきます。

その時はまたボランティア頑張りますのでよろしくお願いします。

原田大生さん(2017年夏)

最初は全く聞いたこと無い島でしたが、村おこしや地域活性化に興味があって応募しました。不安な気持ちも最初の電車で仲間と合流し一瞬消えました。

島での生活は地元では出来ないはじめての経験ばかりでした。とうがらし、ごまの収穫、さとうきびの管理、そして牛のお世話。

その場所で会う島の人達みなさんとても暖かいく、笑顔がまぶしてくて、みんな明るい。最後に帰るときも、「また来いよ」と優しくいっていただき本当に良い出会いが島でできました。もちろんまた来ます!

10日間一緒に頑張った仲間と毎日笑いあって楽しかったなぁ。。また会いたい人がこの体験でたくさん増えました。また参加したいです。ありがとうございました!!

赤瀬誠太郎さん(2017年夏)

とても充実した日々を過ごせたと思います。特に地域の人との交流や仲間との時間は大切にしたことでボランティアの本当の意味が少し分かったような気がします。

西川沙希さん(2017年夏)

初めて訪れた喜界島。フェリーに乗り、一緒に参加するメンバーに会った時はとても不安でした。喜界島に降り立った時に「蒸し暑い」と感じた事を覚えています。

農業を何も知らない私が農家さんのお手伝いをして力になれるのか、逆に迷惑になったりしないのかと心配でしたがお手伝いをさせて頂いた農家さんから「ありがとう!助かったよ。あなた達が来てくれて嬉しい」という言葉をもらった時に来てよかった、この方々に会えてよかったと思いました。

農業をしない日は世話人さんに海に連れて行ってもらいました。島の海は信じられないくらい透き通っていてキレイでした。そこで仲間と一緒に泳いで魚を見てはしゃぎ、海から上がったあとにみんなで見た夕日は忘れられないです。

島、サイコーでした! また必ず帰ってきたいなと思いました。

森なな穂さん(2017年夏)

もっと読む

本当に最高の経験が出来ました。

K.K.さん(2017年夏)

あっという間な10日間だった。本当にあたたかい島の方々と、共に10日間過ごした8人のメンバーには感謝しかない。

支援センターで農業のお手伝いをさせて頂いて、初めて農業に触れた。台風の影響で倒れていた唐辛子の苗を元に戻しながら、予測が難しい気候と隣り合わせで仕事をする大変さを感じた。

また、喜界島みかんの雑草抜きの仕事で、みかんの接ぎ木の話を聞いて喜界島の未来の果物に携われる嬉しさを感じた。支援センターの所長さんが喜界島の農業について、たくさん教えてくださったのでとても勉強になったし、楽しい授業みたいだった。

雑草抜きの仕事自体は単調で、なおかつ量が多く、とても大変だった。でもそんな単調な作業がとても大切で、それを仕事にしている農家さんを改めてすごいと感じた。そしてそのような農家さんのおかげで私たちは野菜や、果物を食べているんだと気付かされた。

匿名希望(2017年夏)

ただひたすらに、最高でした。

磯部孝明さん(2017年夏)

人との繋がりを実感できて、改めて田舎の良さを知った。

R.T.さん(2017年夏)

はじめは知らない人たちとの共同生活に不安があったけど、少し話せば個性的でおもしろく楽しい人ばかりですぐに不安はなくなった。

唐辛子の作業はずっと収穫であったけど地味に見えてとても楽しかった。二人で畑のすべてを終わらせようと目標を立てると、話しかけられるまで人が近寄ってきてるのに気付かないほど集中してました。

また初日に比べ日に日に早くできるようになっていくのを感じると共に、その後のヘタ取りも経験することで効率もアップさせることができた。

白ゴマの収穫では唐辛子同様、どう実や種子がなっているか知らず、とても勉強になった。

また、昼の暑い時間には観光に連れていっていただき、島の大自然を感じることができた。スギラビーチの透明度の高い海、水平線と雲の間に見える奄美大島、青空に映える真っ赤な唐辛子、濃い緑の植物と青い海や空と白い入道雲のコラボ、、どれもホントに美しく何時間でも見られるほどだった。

日が経つに連れ仲間との仲も深くなり、別れが寂しかった。フェリーの出港の際には自分がお世話になった農家さんも来てくださり、涙が止まらなかった。

島での10日間がこんなに濃くなると思わず、帰りたくないという思いが強く、フェリーから喜界島が見えなくなるまでずっと島の方を見ていた。

これからは喜界島での体験を友達に伝えるなどし、次は個人的に友達も呼んで遊びに戻って来たい。

匿名希望(2017年夏)

普段の生活ではは味わえないような素晴らしい経験をさせて頂きました。また喜界島に行きたいと思いました。

K.Y.さん(2017年夏)

島の人がほんとに優しくて、参加者もムードメーカーがいて周りの人に恵まれました。その最高のメンバーの中自分のダメなところもわかり、他人よ良いところを吸収でき、農業ボランティア以上の経験ができたと思っています。

匿名希望(2017年夏)

1日1日がとても濃厚で、毎日新しい感動に出会えた10日間でした!

新たな仲間との絆も生まれ、この島でしか得ることのできない経験をたくさんすることができました!

私の人生の中で忘れられない10日間になりました。

H.S.さん(2017年夏)

とても充実した10日間を過ごすことができました。島生活の自分にはぴったりなところがあり、移住するのありだと思いました(笑)。

また、喜界島には戻ってきたいと思います。

S.K.さん(2017年夏)

人との出会いや自然の素晴らしさを実感することができ行ってよかったと感じた。

M.I.さん(2017年夏)

本当に楽しかった。人生で忘れられない経験になる。

M.I.さん(2017年夏)

台風や豪雨の影響もありましたが、災害がないと体験できないことを体験できたのでかけがえのない経験になりました。

Y.T.さん(2017年夏)

参加してよかった! この一言に尽きます。

ボランティアを通して学年の違う新しい友だちが全国にできたり、島の人たちが本当に尽くして下り色々な経験をさせてくれたりと参加したからこそ得られたものがたくさんあります。

特に園田さんや園田さんのご家族には感謝しきれません。凝縮された11泊12日を過ごせた今年の夏を絶対に忘れないと思います。もっとはやくECOFFを知りたかった!!!!

宮田ちさとさん(2017年夏)

10日間のボランティアはあっという間でした。メンバーにも恵まれ、毎日楽しく過ごせました。

島の方々の優しさに触れ、喜界島が大好きになりました。

海野鈴奈さん(2017年夏)

普段できない貴重な体験ができたと思う。

本当に喜界島の人には感謝しても感謝しきれないです。

D.M.さん(2017年夏)

参加者のアンケート結果

直近のシーズン(2017年8〜9月)の参加者のアンケート結果を公開しています!

%

プログラム全体の満足度

%

現地スタッフの対応の満足度

%

事務局の対応の満足度

※数字はアンケートの「とても良い」「良い」「ふつう」「悪い」「とても悪い」の5択のうち、「とても良い」と「良い」を選択した参加者のパーセンテージを示しています。

参加した理由

  • 何か特別なことがしたかったから 71% 71%
  • 村おこしに興味があったから 57% 57%
  • 田舎に興味があったから 57% 57%
  • 農業に興味があったから 57% 57%
  • 喜界島に興味があったから 43% 43%
  • 自給自足に興味があったから 14% 14%
  • 将来、田舎に移住したいから 10% 10%
  • 友人・知人にすすめられたから 10% 10%

参加して手に入れたもの

  • 人との出会い 100% 100%
  • 農業の良さや大変さを知った 86% 86%
  • 自然の素晴らしさや怖さを知った 81% 81%
  • 田舎の良さや大変さを知った 71% 71%
  • 第二のふるさと 67% 67%
  • 自分の成長 57% 57%
  • 食べ物の大切さを知った 43% 43%

参加後に意識したいと思ったこと

  • 人の生き方 91% 91%
  • 食べ物の生産方法 38% 38%
  • 将来の就職先 33% 33%
  • 食べ物の原産地 33% 33%
  • 環境汚染 14% 14%

将来は田舎で暮らしたい?

%

はい

もう一度喜界島に行きたい?

%

はい

喜界島を人に紹介したい?

%

はい

まずは地域に行くことが地域活性化の第一歩になると思った?

%

はい

次回もECOFFに参加したい?

%

はい

ECOFFのプログラムを人に紹介したい?

%

はい

喜界島コースの体験記

体験記を読もう!

体験記を読めば、具体的にどのような活動をしているのかがよく分かります。

喜界島体験記のページから、もっとたくさんの体験記をご覧ください。

インスタグラムも見よう!

インスタグラムでなら、もっとたくさんの写真をご覧になれます。

参加者から、次の参加者へのメッセージ

少しでも行こうか悩んでるなら、絶対に「行く」一択です。今思ってる10倍いや、100倍は良い経験できます。行った人が言ってるから間違いない。(笑)

しんどいことも多いけど、毎日が初めてのこと、自分のやりたかったことばかりで新鮮で楽しかったです。

大学生なら早めに行った方が良いです。なぜならまた行きたくなるから。(笑)

赤瀬誠太郎さん(2017夏)

最初は不安で不安で仕方なかったけど、参加者の皆さんや島の方々と過ごすうちに本当に楽しくて、充実した毎日を過ごしていました。

少しでもいいなとか、興味があったら参加するべきだと思います! 大学生だと時間も余裕があると思うし、やって損は絶対にないです。今しかできないことをしてもらいたいです。

匿名希望(2017夏)

自らその地に足を踏み入れ、その地の空気、景色、人に触れてみないとわからないことはたくさんあります。

このプログラムに参加して、自らその島に触れてみることで得るものはたくさんあると思います!

H.S.さん(2017夏)

大きくて美しい海。美味しくて新鮮な食べ物。そして、個性的で面白く懐の深い島人。

喜界島には都会の暮らしでは感じられない「良さ」がたっくさんあります。毎日が新しい発見の連続です。

また、島では都会の様に便利な暮らしをする事は出来ませんがその分、自分達が出来ることが増えます。

初めて会った仲間と共に過ごす事は不安もありますが大丈夫です。きっと仲良くなれます。私は喜界島で仲間と過ごした毎日か楽しくて楽しくて忘れられない思い出になりました!

行こうか迷ってる方はとりあえず行ってみてください! 魅力たくさんの喜界島が待ってますよ(≧∇≦)

森なな穂さん(2017夏)

行ってみないと分からない、とはこのことだと思います。行って後悔はありません。

島の雰囲気、島人との交流、同世代との新たな出会い、自然の雄大さ。

どれをとっても新鮮で大きな経験です。自分の経験値を上げる意味でも参加をオススメします。

匿名希望(2017夏)

知らない所でボランティアすることに不安があるかも知れませんが、新しい環境の生活や新しい人との出会いなどは新しい自分を見つけるチャンスだと思いますよ!

DMさん(2017夏)

もっと読む

今回学んだことは冷静でいるということが大事ということ。

慣れない環境でわからないことばかりだと思うけどとにかく落ち着くことが大切だと思いました。

原田大生さん(2017年夏)

島のこと、まわりのことをある程度知ってから参加するとより良い経験ができると思う。

匿名希望(2017年夏)

参加することは確実に良い経験となると思います!

西川沙希さん(2017年夏)

参加して後悔することはないです!

K.K.さん(2017年夏)

何をもってボランティアに参加するのか軸をしっかり持ってください。

S.K.さん(2017年夏)

最高の出逢い、体験が待っています。楽しみにしていて下さい。

磯部孝明さん(2017年夏)

現地の人からいろんな情報をもらってがんばれ!

M.I.さん(2017年夏)

村おこしボランティア【喜界島コース】は、南国の生活を体験したいあなたにピッタリです。