村おこしボランティア【宝島コース】の評判は?

参加者の感想

T.Y.さん(2019春日程)

社会課題に関心があり、その延長でボランティアに興味があったため参加しました。自分が何かの助けになりたいという気持ちが強かったため本当に力になれたのかよく分からない気持ちになったが、より深く考えることで、ボランティアとはどういうものかを体感することができました。ecoffのプログラムは、社会課題に対する貢献を顧客に味合わせるために演出するような白々しいものではなく、ありのままの姿の地域に関わらせて貰うことができたので、とても素直に、感じたことを受け入れることができました。宝島の魅力だけでなく、たくさんの人に出会い、本当に素敵な経験をすることができました。このような機会を与えていただいたecoffの運営の皆様に本当に感謝しております。

K.S.さん(2019春日程)

同じ気持ちを持った人が多くて、より一層自分の将来を意識することができた。また、宝島で働く人のお話をきいて本当に勉強になった。絶対に夢を叶えようと決意できました。ありがとうございました。

S.K.さん(2019春日程)

同じ気持ちを持った人が多くて、より一層自分の将来を意識することができた。また、宝島で働く人のお話をきいて本当に勉強になった。絶対に夢を叶えようと決意できました。ありがとうございました。

次の参加者へのメッセージ

T.Y.さん(2019春日程)

宝島の魅力はたくさんあります。青い海、澄んだ山、素敵な島民の方々…。一度行ってみてほしいです。
P.S.宝島はキャリーケースで行っても問題ないのでキャリー派の方はキャリーで行った方がいいと思います。

M.N.さん(2019春日程)

最初は参加するかとても迷うだろうと思います。私もそうでした。でも、今では本当に参加してよかったと思っています!ぜひ、少しでも興味があれば、参加することをおすすめします。

T.O.さん(2019春日程)

宝島は名前の通り、本当に宝に満ち溢れる島だと思います。多くの人は宝島がどこにあるのかは知りません。本島からフェリーで12時間以上あるこの宝島を知らないのはもったいないです。それは青く澄んだ海、星が煌めく空、日本とは思わせない自然で驚きの連続です。そこに住む住民も心温かく迎えてくれ、一度会ったら友人にまで発展するほどです。そんな宝島に10日間もいるともう第二の故郷と言えるほどになります。一緒に活動するボランティア生たちと協力し合いながら過ごすことで人間性を強く高められ、他のボランティアとは違う良さもあります。参加する前は不安でしたが今ではもう一度参加したいと思えるプロジェクトです。

T.K.さん(2019春日程)

私は参加してみて、自分の世界が広がったなと感じています。少しでも迷っているなら、絶対行くべきです!

匿名希望(2019春日程)

知らない場所で知らない人たちと共同生活?と不安になる方もいらっしゃるかもしれませんが、そんな心配はご無用!
都会生活では決して見られない星空、かわいい子供たち、当たり前がすべて手作業だった農作業、全国あちこちから集まったゆかいな仲間たち、であったものすべてが私の宝物になりました!
せっかくの長期休み、バイトと飲み会で終わるのはもったいない!ぜひ!参加してみてください!

Y.Y.さん(2019春日程)

迷っているなら参加することをおすすめします。今まで体験したことのない素晴らしい経験になります。

世話人へのお礼

T.Y.さん(2019春日程)

大変お世話になりました。宝島での8日間は私の人生の中でとっても大切な時間になりました。素敵な人たちに出会い、素敵な時間を過ごすことができました。私たちを受け入れて、このような貴重な機会を与えてくださったことに深く感謝しております。ありがとうございました。

K.H.さん(2019春日程)

たいへんお世話になりました。教えてもらったこと、経験したことを今後の自分の社会人生の糧にして、頑張って行きたいと思います。

M.N.さん(2019春日程)

生活面でのフォローや準備はもちろん、宝島の魅力を教えてくださったこと、本当に感謝しています。また宝島を訪れたいと思っています!みなさんが元気に過ごされることをお祈りしております。

T.O.さん(2019春日程)

宝島を離れて少し経った今、寂しさを感じています。初めてフェリーで来た初日の宝島は見る光景全てが初めてで、同時にここでの活動に不安がありました。しかしながら、その不安はすぐに消えました。それは竹内さんをはじめとする島の人々の人当たりの良さのおかげだと思っています。終わってみれば滞在した8日間はあっという間でしたが毎日の出来事が濃すぎて、1日が1ヶ月くらいあったかのような不思議な感覚がありました。私の人生におけるたった8日間ですがこの8日間は一生の思い出になると思います。それと同時に今まで漠然としていた自分の将来のプロセスも具体性が少し見えてきた気がします。それは竹内さん一家の1日の暮らしや島民たちとの関わりなど、人とのつながりはとても大切だということです。竹内さんの子供たちなど島の子供たちが将来どうなっているかすごく楽しみです。また宝島に行き、この8日間を懐かしく思いながらまた笑い合える素敵な再会があると信じてこれから自分の夢に向かって頑張りたいです。