【村おこしボランティア、参加者の声をご紹介! #6】今日は沖縄・やんばるコース参加者の声を紹介します!


自分は「島の人と関わりたい。島のことをもっと知りたい。」という思いから、この村おこしボランティアに参加した。
実際に現地へ行ってみて、自分らしく躊躇なく積極的に行動することが出来て今後もつながっていけるような人との関わりを作れたり、知らなかった島のことを知ることが出来た。ボランティアというのはタダ働きだけど、少しでも人の役に立てたり、自分もたくさんのことを得ることが出来る。自然や人との交わりの中で考え、感じたことを家族や友達、出会った人へ伝えたい。
また、将来の夢は沖縄に移住して、保健体育の教員になること!沖縄という素敵な環境の中で過ごしたい。教員になって生徒たちをこの名護に連れてきて、農家さんやイベントのお手伝いを一緒にしたいと思う。

(小林瑞季さん-2014年春にやんばるコースに参加)

将来の夢、素敵ですね~☆ぜひ叶えてほしいです!