少しでも気になったら応募するべきです!似たような文言はどこでも聞くと思いますが、それはそれほどそこに大きな意味があるからです。まずは応募してみる、あとはなんとかなります!