匿名希望(2018夏日程)

今回のプログラムを通して、自分なりに生きていく人々の姿から、時を大切にしていこうと思いました。

悟りや気付きは経験の集積から、そこに到達することがよくありますが、プログラムの終盤で、私はその境地に達することが出来ました。

期間中、プログラムとは関係のないところで、個人的に大きな失敗がありました。これまでなら失敗を受け入れるのに、長い時間がかかり、その間落ち込んだ状態になりますが、今回と、そしてこれからは、目の前の生活を優先しようと考えることが出来ました。

それは、10年の時を経て自然の家に奇しくも戻ることになった私に、長い時を経てもたらされたものだったのだと思います。

ここにきていなければ、こうは思えなかったでしょう。

その意味でも、参加の意義を感じられました。