📣 ECOFFは地域と参加者の安全のために、新型コロナウイルス感染症について対策および方針を定めています。詳しくはこちら

自然放牧

今日は3日目です。午前中は、上の牧場にいる28頭に餌をあげました。世話人の方は、一頭一頭名前を呼びながら、声をかけていて、牛も自分の名前を覚えているかのように反応していて、かわいいなと思いました。そして、その後に、ジャージー牛の方の牧場へ行き、餌をあげました。

自然放牧と言っても、放牧しているところの草を食べきってしまい餌が足りないそうで、近くの草を刈って、それをあげると言っていました。しかも、牛は自分の体重の10%の草を食べるそうです。100%自然放牧にするためには、環境も大切だし、課題はたくさんあるんだなと感じました。しかし、牛舎の中でずっとつながれている牛よりも、きっとストレスなく過ごせているんだろうなと感じました。

午後は、新しく牧場にする場所に電柵を張り、牛たちを新しい牧場まで連れて行きました。そこには、草がたくさんあるので、牛たちも満足できるのではないかと思います。

牛たちの自然放牧について、新しい視野が広がったし、これからが楽しみです。明日は最終日、気合を入れて頑張ります。