📣 ECOFFは地域と参加者の安全のために、新型コロナウイルス感染症について対策および方針を定めています。詳しくはこちら

パワフル

牛さんの生活に関わり3日目。

意気込んで、牛さん達にご飯を配ろうと思ってましたが、自然放牧では、広い山の中から!!まず牛さんを集め(山地さんのかけ声で集まってきます。すごい!)生存確認(1番大事)です。そして健康状態、発情時期の確認をします。今回は出産時期の真っ只中、いつ産まれてもおかしくない状況とのことで緊張感もありました。その後にご飯を配ります。

今日は、昨日取った山盛りの草を牛さん達に配り、その後は(時期的に草が少ない為)牛さんにあげる草を集めに行きました。重労働ですが、カゴいっぱいに草を詰めていると楽しくなってきました(牛さんが喜んでくれるといいな〜)。午後は、別の場所にいる牛さん達の柵を強化するためネジやトンカチ、ワイヤーを使い柵作りをしました。牛さんの目線になって柵の高さを調整します(斜面もあるので、これが中々難しい)。皆さんも行ったら分かると思いますが、(耕作放棄地の場所は)草が背の高さ以上に伸びており、誰も寄り付かなくなった場所です。こんな所で、また農作ができるのかなって思う程です。しかし、牛さんが入ることで草を食べてくれますし、排泄物は肥料になります。環境にも優しいと私は思いました。そして作物ができる環境に蘇り、農家さんが、私達が食べている野菜や果物を作ってくれます。こうやって人と牛が協力し、この土地を循環し、また誰も寄り付かなそうな土地だった場所に、人が集まり地域の活性化に繋がっているんだなって学びました。

そして!そして!

山地さんは、とってもパワフルです!

牛さんに対する愛情と、仕事の活動力は熱々です。是非、このコースに参加して新たな発見と、食に対する命の大切さ、地域の活性化の発想のきっかけになると思います。