📣 ECOFFは地域と参加者の安全のために、新型コロナウイルス感染症について対策および方針を定めています。詳しくはこちら

自然が自分を育ててくれる

朝から夜までみんなと隣に居れるのは、今日まで。

9日目の今日は、今までの想いが溢れ出る。

江田島に居るということ。

江田島で出会うということ。

私は、「袖触り合うも多生の縁」という言葉をいただいたことがあります。

江田島に来て、この言葉が心を乗せています。

この言葉が、江田島を包んでいます。

そんなふうに、おもいます。

江田島に住んで、9日前まで思いもしなかった方と互いに目を合わせている。

気持ちを伝えている。

こんなに素敵な日々が続いていたとは。

夢のような現実に浸って浸って。

青空にむかって草木が芽を合わせている。

地と空の間に私がいる。とおもう。

腕に虫が歩いている。

一輪のお花がおうちを美しくしている。

お抹茶をいただく。

子供と大人が同じところに居る。

みんな、いる。

優しい気持ちになる。

そんな、素敵なところで私は、たまににこにこしちゃう。

たまにわらうとずーっとにこにこしちゃう。

ありがとーう