📣 ECOFFは地域と参加者の安全のために、新型コロナウイルス感染症について対策および方針を定めています。詳しくはこちら

ウニに負けず海藻が「おがる」環境を

今朝は5時に家を出発し、5時半からわかめの処理作業を行うところから1日がスタートしました。薪ストーブの温もりを感じながら、ひたすらに芯抜きと呼ばれる作業を行いました。

作業を終え、暖かい朝ご飯をいただいた後は海に移動し、藻場再生と呼ばれる取り組みを行いました。藻場再生とは磯焼けと呼ばれる海藻がウニに侵食され無くなってしまう状態を防ぐために、ウニから海藻を守り、海藻を育て、海中を豊かにするための取り組みとなっています。実際に今回は、昆布の種をロープに括り付けて、水深10メートル前後の岩に結ぶつけ、ウニから昆布を保護する仕掛けを設置する作業を行いました。全国的に磯焼けが問題となっている中で、今回の発信から関心を持ち、海中をきれいにしていこうとする活動が広まっていけばいいなと思います。

最後に、残り2日となりましたが、少しでも海や漁師さんの力になれるように頑張ります。