📣 ECOFFは地域と参加者の安全のために、新型コロナウイルス感染症について対策および方針を定めています。詳しくはこちら

竹島での発見

今日は、ゴミ捨て日だったため、ゴミ処理場に家庭やお店、空き家のDIY時に出たごみを持っていきました。可燃物と不燃物は、出す場所が違います。週に一度のゴミ出し日には、担当の人が焼却炉で燃やします。不燃物は、お金は払っているのに業者が来ず、どんどん溜まっていっているため、世話人の方の敷地を無料貸出していて、業者の所までフェリーに乗せて送るそうです。私は、家の玄関にゴミを出し、それを当たり前に業者が取りに来る生活をしていてので、ゴミを出しに車を走らせることに驚き、そこで生活しないと分からないことだと思いました。

午後は、世話人の息子さんとドーナツ作りをしました。息子さんは、魚のバショウカジキを形作りましたが、いざ揚げるとパキッと折れてメカジキの形になってしまいました。

また、竹を取りに行き、ゴミ箱作りの試作を行いました。竹は縦に割れやすく、下穴を開けてもビスを少し深く打つとひびわれてしまいます。竹灯龍づくり体験もして、ライトももらいました。竹灯龍には、ハンダゴテで竹を印字しました。

楽しかった竹島での生活も、あと1日です。

世話人の方が私たちに温かく接し、好奇心旺盛すぎて常にスケジュールがパンパンでも、やりたいと言った事を全て否応なしに体験させてくだり、竹島生活を満喫できました。とても有り難く、また竹島に来たいと思う日々でした。