📣 ECOFFは地域と参加者の安全のために、新型コロナウイルス感染症について対策および方針を定めています。詳しくはこちら

エコフボランティアをするために、鹿児島空港から種子島まで行ってみた

こんにちは。エコフボランティアのりほです。

皆さんは種子島までの行き方に不安はありませんか?

私はとてもありました。私は北海道出身で、さらに1人で知らない場所へ行くのが初めてだったからです。

それでは私が実際に行った行き方を紹介したいと思います。

鹿児島空港〜鹿児島中央駅

高速バスで移動です。事前予約はできないこと、乗り場がどこにあるかがわからなかったことが心配でした。

しかし、切符売り場も乗り場もとてもわかりやすくかったので、無事バスに乗れました。

鹿児島中央駅〜高速船ターミナル

普通のバスです。

高速船から降りたところと普通のバス乗り場が結構離れていてとてもわかりにくかったです。普通のバスのバス停は大きなショッピングモールの前にあります。

余裕のある時間のバスを目指しましょう。着いてから20分後くらいですかね。

鹿児島高速船ターミナル〜種子島の西之表港

高速船に乗ります。事前予約が必要で、学割証も持っていきましょう。

高速船ターミナルで他の参加者たちと合流しました。LINEで自己紹介をしていたので、その時の写真と、にじみ出ているエコフ感でだいたいわかります(笑)

搭乗手続きで席を指定するので、近い席にするといいと思います!

種子島の西表港〜エコフの民宿まで

路線バスで1時間半以上かかります。

船降りてから10分もしないうちにバスが来る時間で、バス停の場所が心配でしたが、降りてすぐのところなので安心します。ちなみに、このバスを逃すと次のバスが2時間も来ないのでとても怖かったです。

最初は種子島の住民の方も乗っていましたが、途中からエコフ参加者のみになりました。

バスはわざわざ病院の前のバス停まで行ってUターンしたり、降りるバス停で降りるボタンを押したらどこまで?と運転手さんが聞いてバス停に近い私たちの行きたいところに降ろしてくれようとしてくれたり、島のバスを体験しました。

降りたバス停では島インターンの方や世話人の方が温かくお迎えしてくれて、やっと着いたことを実感しました。

感想

私は初めて1人で移動して、不安も沢山ありましたが、事前の準備と余裕のある時間でなんとかたどり着くことができました。

これからの生活に楽しみと不安を抱えつつ、寝ます。

おやすみなさい