📣 ECOFFは地域と参加者の安全のために、新型コロナウイルス感染症について対策および方針を定めています。詳しくはこちら

観光を通して再発見した種子島の魅力

今日は1日、種子島観光の日でした。

種子島というと、ロケットというイメージが強いと思いますが、種子島にはその他にもたくさんの魅力的な場所やモノがあります。

そんな種子島の魅力をもっと知りたいと思いませんか?

そこで、今日の観光を通して知った種子島の魅力を、私が特にステキだと思った2箇所に絞ってお伝えしたいと思います。

千座の岩屋

波の侵食によって自然にできた洞窟です。千人座れる程広い洞窟なので、千座という名前が付いています。1番最初の写真が、千座の岩屋です。日光に反射する海水の美しい青色や、波が岩に当たって水しぶきが上がる様子がすごく綺麗で、ずっといたいと思える場所でした。洞窟の天井に、プラネタリウムを投影するイベントも行われることがあるそうです。

満天の星空

種子島は街灯が少なく、街の灯りも少ないので、島のどこからでも、星がすごく綺麗に見えます。ライトを消して、空を見上げればそこは一面の星空。暗さに目が慣れてくると、見える星の数がどんどん増えていきます。

都会にいるとめったに見ることのできない流れ星も、ここにいると、毎日のように見ることができます。満天の星空を眺めていると、自分の悩んでいることが小さく思え、また明日も頑張ろうという気持ちになります。実際に見ないと分からないこの美しさを、ぜひたくさんの人に見てほしいと思います。

このように、今日までの作業や観光を通して、種子島の魅力をたくさん体験することができました。そして、種子島のことが今までよりももっと好きになりました。

文字数の関係で全ては紹介できせんでしたが今述べた2つ以外にも、魅力的な場所はたくさんあります。

ぜひ、たくさんの人に種子島に来て頂き、この魅力を体験してほしいと思いました。