与論島最後の夜~島の人々の優しさに包まれて~

3月1日にスタートしたボランティア活動も早いもので9日目。今日は最後の作業日でした。これまでにできていなかった作業を、ドラゴンフルーツの苗植え班、耕作放棄地の整備班、スイカの土寄せ班、木に穴を開け除草剤を入れる班の4グループに分かれて行いました。

どのグループも協力し合いながら作業を進め、予定していた農作業の活動を全て終わらせることが出来ました!

これまでしんどいと思う事もありましたが、作業を終えた時には達成感と一緒に、メンバーとのお別れが少しずつ近づいていることに気付き、寂しさも感じました。

夜は世話人の野口さんを始め、今までお世話になった方々が集まってくださり、外で立食パーティーを開いていただきました。メインディッシュは与論島の名物、山羊汁!初めての山羊汁に最初は皆恐る恐る口にしてましたが、臭みもなくとても美味しかったです。その他にも手作りピザ、ポテトサラダ、肉巻きおにぎり、野口さん特製の大根と鶏肉の煮物など沢山のご馳走が並び、与論島最後の夜はとても賑やかな”宴”となりました!

つい最近出会ったメンバーとは思えないほど打ち解け、パーティーの後も話に花が咲き、長い夜になりました。

最初の頃は珍しそうに見ていた島の方々も、少しずつ私たちの活動を知ってくださり、作業中でも声をかけられる事が少しずつ多くなっていきました。本当に沢山の方々に応援していただいているんだなと日々感じながら過ごすとことができました。

島で過ごす時間は残りわずかですが、与論島に訪れたことの無い人に魅力を伝えられるように、最後までアンテナを張って楽しみたいです!