📣 ECOFFは地域と参加者の安全のために、新型コロナウイルス感染症について対策および方針を定めています。詳しくはこちら

自分も相手も嬉しい楽しい

今日から本格的に作業が始まりました。まずは受入れ農家の野口さんの持つ、サトウキビ畑の整備と、牧場の草刈り。

腰を痛めながら、背の高い草木に埋もれながら、葉をむしり

段々と慣れていきました。

休憩には、みんなでサトウキビをガブリ。こんなに甘いのかと感動しました。

そして、午後の作業の前にはみんなで百合ヶ浜へ。天気も快晴。道中のバスで観光客の方々とも会話が弾み、改めて与論島で活動することの貴重さを感じました。そしてグラスボートに乗り、いよいよ百合ヶ浜へ!12月に裸足で海に浸かるなんて、日本でできるんだとこれまた感動しました。ウミガメもみることができました。

午後は、タケさんという長老の方とハイビスカスの植樹をしました。タケさんがおっしゃっていた言葉で、「自分も楽しく、人のために動くことが自分の人生を豊かにしている」というのが印象的でした。

今日自分達もただボランティア活動をするだけでなく、遊びも全力で楽しむことができ、与論島の魅力を目一杯肌で感じることができました。そして、仕事終わりにみんなで食べたカレー、最高でした

明日は一体どんな体験が待っているのかワクワクです。