集う

昨今の情勢の中で私たちは「集うこと」を制限されてきました。次々とオンラインに代替され、クリックひとつでいつ何時でも自分の繋がりたい場所にコンタクトを取ることが出来る世界となりました。しかしエモーショナルな体験の共有はやはり「集うこと」に勝るものはないと感じました。

活動最終日の前夜、大変お世話になった島民の皆様と共に送別会を開かせていただきました。たった10日間だけの関わりとは到底思えない、感動と愛と涙が溢れた時間でした。それは全て奥尻島と、世話人を含めた島民の方々の最高級のおもてなしがあり、参加者全員が素直に全力で受け止め、表情と空気感と言葉で思いを共有したからです。この活動は奇跡の集いによる奇跡の体験でした。

「効率性」だけではない。多くのコストと労力をかけてでも奥尻島には集う価値がある。また来ます。