村おこしボランティア
村おこしボランティアは、第2のふるさとが見つかる離島・農山漁村 住み込み型のボランティアです。

#田舎暮らし

#住み込みボランティア

#秘境

#離島

#農業体験

#漁業体験

#半農半X

村おこしボランティアは、誰にでもできる村おこしです。

舞台は、国内外の「秘境」

村おこしボランティアの活動エリアは、ふつうの旅行では絶対に訪れないような秘境ばかり。

ふだんは目を向けることのない地方での活動には、驚きと感動があふれています。

そして、そんな場所ほど皆さまの力を必要としているのです。

これまでの活動地域

0
ヵ所

活動が完結した地域

  • 佐渡島[岩首](新潟県)
  • 佐渡島[片野尾](新潟県)
  • 北谷(福井県)
  • 四万十川(高知県)
  • 屋久島(鹿児島県)
  • 口永良部島(鹿児島県)
  • 黒島(鹿児島県 三島村)
  • 諏訪之瀬島(鹿児島県 十島村)
  • 奄美大島[住用](鹿児島県 大島郡)
  • 沖永良部島(鹿児島県 大島郡)
  • ダサ村(ベトナム)
期間は、長すぎず短すぎない「10日間」

10日間は、一つの村の本当の姿を見るのにもっとも適した魔法の日数です。

日帰り旅行や2〜3日だけの観光では知ることのできない様々な物語に触れることができます。

そして、もう一度会いたいと思う現地の方々に出会うのに十分な期間です。

現地に知り合いができる10日間

10日間は、皆さんが行った地方に知り合いを作るのに十分な期間です。その地方に知り合いができれば、そこは「他人の村」から「うちの村」に変化します。

今まで縁もゆかりもなかった場所に知り合いができることで、その地方の明るいニュースも暗いニュースも自分ごとになります。

それこそが、誰にでもできる村おこしの第一歩なのです。

良いところも悪いところも知れる10日間

どんな地方にも、良いところがあれば悪いところもあります。短い期間では、ほんの一部分しか見ることができない一方で、10日間の滞在なら、その両方をしっかりと見ることができます。そして、良いところも悪いところも合わさったものこそが、その地方の魅力だということに気づくはず。

10日間の滞在の後に、その地方のことを周りの人に伝えていく…それこそがヨソ者の皆さんにできる最高の村おこしです。そしてそれは、実際に現地で暮らした皆さんにしかできないことなのです。

作業に慣れて戦力になれる10日間

せっかくボランティア活動に行くのですから、少しでも現地の役に立ちたいですよね。最初は作業の仕方を覚えるので精一杯ですが、3〜4日もすれば地元の方々の戦力になれるくらいに上達します。

10日間もあれば誰でも自分の得意なことが見つかるはず。ぜひ積極的に行動して自分の力を発揮してください。それは、地元の方々の力になれるだけでなく、自分自身を発見することもできる10日間です。

主な参加者は、田舎や地方創生に関心のある大学生。

ボランティア活動が初めての方でも、地方創生のことがよく分からない方でも、農業が初めての方でも、田舎暮らしが初めての方でも、一人でも、お友達同士でも、地方創生や田舎暮らしに関心のある方なら、誰でも参加できます。

もちろん、学生でなくても参加を歓迎いたします。

全国から仲間が集まる

インターネットで公募するため、全国各地から参加者が集まります。村おこしボランティアがなければ一生出会うことのないような仲間との出会いも楽しみの一つです。

参加者の人数や年齢、男女比はお申し込みの締め切りまで分かりませんが、だからこそのワクワク感も村おこしボランティアの醍醐味です。

コースによっては人数が少ないこともありますが、人数が少ない方が濃密な体験をできますので、参加者数にはあまり神経質にならないでくださいね。

事前にグループLINEで連絡ができます

参加者が集まり次第、参加者同士がつながるためのグループLINEを作成します。

これを利用することで、事前に自己紹介をしたり集合場所や時間の相談をすることもできます。

もちろん、現地世話人もグループLINEに参加しますので、現地の生の情報を直接確認することもできます。

活動内容は、行ってからのお楽しみ。

村おこしボランティアにはスケジュールはありません。なぜなら、田舎での暮らしはその場その場の状況で変わっていくものだから。

無理やりスケジュール通りに進めたって、地元の方には迷惑なだけ。

最初は不安かもしれませんが、だからこそ本当に役に立てるボランティア活動ができるんです。

主な活動内容は農業とイベントのお手伝い

主な活動内容、初心者でもできる簡単な農作業やイベントのお手伝いですが、その他にも地元の方がその時が必要としていることなら何でもお手伝いします。

特に村おこしボランティアで訪れる農作業のほとんどは手作業なので、ホンモノの農業を体験したかったら間違いなくオススメです。

その他、イベントのお手伝いや清掃、お年寄りとの触れ合い、更には登山やカヌーなどの自然体験も味わえます。

本当の社会貢献ができる

細かいスケジュールが決まっていないと最初は不安かもしれません。しかし、現地の状況は皆さんが家にいる間も次々に変化しています。

予定を立てた時とは違う状況で、無理やりスケジュール通りのことをして何の意味があるのでしょうか? 一番不安なことは皆さんが無意味なボランティアをしてしまうことなのです。

だけど、村おこしボランティアならその場その場で本当に必要なことを見極めて活動するので、そんな心配はいりません。

だからこそ、村の人が本当に必要としているお手伝いをして社会貢献ができるのです。

島にとけこむ、旅をしよう。

その地方の素顔の生活を体験するには、地元の方と同じように時間にしばられない暮らしをするのが一番です。

活動内容はその日までのお楽しみだからこそ、都会のせかせかとした時間から解放され、人間本来の生き方を見つめ直せます。

さあ、地元の人と同じ「田舎時間」をぞんぶんに味わい、「島にとけこむ旅」をしませんか?

参加費は、10日間で38,000円から。

村おこしボランティアには参加費が必要です。それは、参加者の皆さんが村で暮らすにも最低限の生活費が必要だからです。

また、参加者を増やすために参加費を無料にするようなことはしていません。無料ということは、いつ終わるかも分からない助成金に頼らなければならないからです。

これからもずっと続けていくために、参加費が必要なことをご理解ください。

低価格で長期滞在

現地の公民館や空き家を活用することで、できるだけ滞在費が低くなるよう工夫しています。

その結果、通常は1泊するだけで8,000円以上かかる地域でも、1日あたり3,800円ほどに抑えています。

現地に独自のネットワークがあるECOFFだからなせることです。

安心の保険

皆さんが安心して活動できるよう、ECOFFが一括して皆さんを損保ジャパン日本興亜の国内旅行保険に加入いたします。

皆さんは面倒なことは考える必要はございません。

※海外コースの場合は、ご自身で保険にご加入いただきます。

リピートでお得

一度でも参加したことのある方は、次回から3,000円引きの参加費でご参加できます。

何度も同じ地域に行っても時期によって全く異なる体験ができますし、別の地域に行くのも良いですよね。

1回きりではなく、ぜひ何度もご参加ください。

もっと分かりやすくて詳しい資料を見たい方へ。​

ECOFFのことや、村おこしボランティアのことを、写真やイラストと共に紹介しているスライドがあります。

ぜひ、そちらもご覧ください。

村おこしボランティアのしくみ

1, ボランティアの紹介

ECOFFは複数の地域とパートナーシップをむすんでおり、主として学生の夏休みと春休みの期間にツアー形式のボランティアプログラムを企画・実施しています。

ボランティア活動に興味をもった方は、希望する時期や地域をえらび、ウェブからお申し込みをします。

どの地域もふつうでは行けない離島や、山奥など個性的な場所なのがECOFFのボランティアの特徴です!

2, 参加者だけで地域へ行く

参加者はパソコンやスマートフォンからオリエンテーションを受け、事前の心構えや注意点について確認できます。

そのため、全国から参加者が集まるのもECOFFの特徴です!

また、参加者だけで行くことによって、参加者の自主性を尊重・育成することができます。

参考:参加までのながれ

3, 共同生活しながらボランティアする

活動地域に到着した参加者は、現地の宿泊施設で共同生活をし、仕事がある場所へ行ってお手伝いをします。

この仕組みだと民泊と異なり、現地の方々の負担を大幅に軽減でき、仕事が少ない地域でもボランティアの受け入れができます。

また、参加者はボランティアだけでなく、さまざまな目的をもっている仲間との共同生活からもたくさんのことを学べます。

サポート

お申し込みサポート

申し込み前の個別説明【Skype、LINE】
申し込み前の相談【メール、電話、LINE、Skype】

出発準備サポート

しおり(日誌スペース、持ち物リスト、心構え等が記載)【郵送】
現地までのアクセス方法【メール】
あなたが行く地域の参考資料【メール】
交通手段の相談【メール、電話】
参加者同士が連絡をとれるLINEグループの作成

滞在中サポート

現地スタッフと現地ボランティアがサポート【現地スタッフ】
ECOFF事務局への緊急連絡電話番号【事務局】

終了後サポート

活動地域付近の滞在先の紹介 村おこしNPO法人ECOFF公認「ボランティア認定証」【現地】
学校での単位認定サポート【実績有り】
移住相談
海外留学、ワーキングホリデー相談【提携NPO】

これまでの参加者数

1,696名

※2018年11月13日時点

参加者の満足度

95%

の参加者が「とても良い」または「良い」を選択

※2018年度日程アンケート結果

参加者の声

塚越優衣さん(2021春日程)

毎日が刺激と学びの連続でとても楽しかったです。

都会で暮らしていたら忘れてしまうような自然のめぐみ、生き物と接することの楽しさと共に厳しさを身をもって体験することができました。命をつなぐことがこんなにも大変で楽しいことで、命を頂くことのありがたみについて深く考えました。

世話人の方や島民の方々と人とのつながり、人生観、心の豊かさなど深い話ができ、とても実りあるものとなりました。自分の生き方に対して背中を押されたような気持ちになりました。

匿名希望(2021夏日程)

ただ観光地を見て回るのではなく、体験型のツアー(というと少し的外れになりますが)を探していたので、今回は参加してよかったと感じた。オリーブの木は観葉植物で見たことはあるが、実を収穫できるほどの大きさの木を見て実際に収穫することは今後体験することはないため話の種になると思う。ヤギと挨拶代わりの力比べは今回のハイライトだった。
参加者は自分より一回り以上年齢が下の大学生で、今後自分がそのくらいの年頃の同僚と接するにはどうすべきか、まだ答えはできていないが考えないといけないという焦りがある。やはり若い世代は上の世代よりも新しいものを積極的に取り入れられる素地がある。たかだか40手前の自分はそれについていくことにもためらいがあり、合わせることを放棄したがっていると痛感させられた。だからといって同化することは避けたい。年齢に応じた役割というものがあるはずだ。折り合いを見つけ、うまくこの世代と付き合う方法を探すことは今後の課題の一つだと感じた。
逆に年上の世代との付き合いはもう10年以上社会人としてやってきたので、さほど不安もないなと感じた。
滞在期間が選べたから参加できたが、あとで今回が異例の試みだったと知って運が良かったのだなと思った。社会人としては4泊5日で参加できれば、短すぎることもなく、比較的参加しやすい期間になるのではないかと思う。

匿名希望(2021夏日程)

ECOFFは毎回、良い出会いがある。私は今回で2度目だったが、前回参加したプログラムと比較しないで、フラットな気持ちで今回は臨もうと思っても、やはり良い出会いがある。ここに来る人は皆、似た価値観を根底で持っているからかもしれないと思った。

S.K.さん(2021夏日程)

3泊4日の中と短い間でしたが、江田島の恵まれた自然や島民の方々の温かさを感じることができました。
今回、オリーブ農家さんの収穫のお手伝いということで、オリーブの収穫、選果をやらせて頂きました。その中で、農家さんの無農薬栽培へのこだわりや、苦労を実際にお聞きすることができ、貴重な体験となりました。

K.R.さん(2021夏日程)

短い期間だったが、たくさんの出会いがあり、農業の良さや難しさを知ることができ、充実した時間だった。