👋 次回は2020年8〜9月に開催予定です

村おこしボランティア

神津島コース

村おこしボランティアは、地域と密着した活動を体験できるのが特徴の「旅のようなボランティア」です。

神津島は人口1,900人ほどで、白い砂浜が美しく、漁業が盛んな島。

神津島コースでは、人と人の繋がりがより濃い島を経験することができます。

地域

東京都 神津島村

開催時期

夏休み(8〜9月)/ 春休み(2〜3月) 

こんな方にオススメ

東京の島を知りたい!
島と大自然に触れ合いたい!
漁業や農業を経験したい!

写真はイメージです

農地の開拓をしたり、地域おこし協力隊の会議に参加させて頂いたりと、普段はできない貴重な経験がたくさんできて毎日新鮮でした。 美しい風景や島民の方々の温かさなど、神津島の魅力をたくさん発見することができました。 安田菊恵さん(2017年2月に参加)

写真はイメージです

想像以上にとても楽しかったし充実したものでした。 色々な人が集まってお話を聞く機会もそうそうなくこの出会いに感謝しかないです。 T.K.さん(2017年3月に参加)

神津島とは?

東京の島、神津島。

神津島は、東京から南に約180kmのところにあり、9つの有人島がある伊豆諸島のひとつです。

東京からは、夜行船で約12時間、高速船だと約4時間。他に、熱海や下田からの航路と調布飛行場からの空路があります。

人口は約1,900人で高齢化率が上がっている割には、子どもも多くにぎやかな声が響きます。

集落がひとつしかないため、昔から村人みなで一致協力し生活をしてきました。そのため、繋がりや気遣いが強く、地域の人の温かみを感じることができます。

観光業と漁業が盛んで、夏には海や山、空や星などを目当てに観光客がたくさん訪れ、また、一年を通じて海産物を獲っています。

もっと知りたい方は…

神津島村役場

集落がひとつしかないため、昔から村人みなで一致協力し生活をしてきました。そのため、繋がりや気遣いが強く、地域の人の温かみを感じることができます。

観光業と漁業が盛んで、夏には海や山、空や星などを目当てに観光客がたくさん訪れ、また、一年を通じて海産物を獲っています。

もっと知りたい方は…

神津島村役場

村おこしボランティアの魅力
地域の行事のお手伝い!

神津島では伝統あるお祭りから、地域のバザーなど大小様々なイベントが開催されています。

今回は、8月14日(予定)に開催される盆踊り大会のお手伝いや、島内のNPO法人神津島盛り上げ隊の拠点で地元の島っこ達との交流も。

東京とは思えない大自然とふれ合おう!

東京都は思えない透明度の高い海、洋上のアルプスと言われる天上山、夜空を埋め尽くす輝く星、手つかずの大自然、落差500mもの断崖絶壁など、想像を絶する様々な景色を見ることができます。

ボランティアの合間に島を大冒険! 今までに見たことのない風景を見に行きましょう。

漁師、農家、観光協会、役場、学校の先生など、島で生活をするだけで、たくさんの人と出会える機会が巡ってきます。

島民の生の声、島の外から来ている人のリアルな意見、島のために行動をしている方の熱い想い、島の現状など、インターネットやちょっとした観光での来島では絶対に知ることのできない情報を手に入れ、島との繋がりを築くことができます。

島の人との触れ合いがたくさん!
交流拠点での活動
農業ボランティア
漁業関係のお手伝い
海へのダイブ!
もっと詳しく知る

「NPO法人みしまですよ」について

「NPO法人みしまですよ」は、さつま竹島コース世話人の山崎さんが代表を務める三島村の団体です。

さつま竹島を含むさつま硫黄島、さつま黒島の三つの離島が三島村です。村の人口は年々減少し、400人を切りました。

それぞれの島の人口は100人前後。人がいなくなってしまうという状況も充分ありえます。

子どもたちが大きくなったとき、帰る場所がなくなってしまうかもしれない。そうならないために、「NPO法人みしまですよ」は活動しています。

三島村の情報を日々ブログ「GO! MISHIMA」で発信していますので、ぜひご覧ください。

世話人からのメッセージ
中村圭さん NPO法人神津島盛り上げ隊 理事長

私は、0歳から中学校卒業までの15年間、神津島で育ちました。

高校、大学、社会人と本土で約11年過ごし、2015年11月からの3年間は神津島村地域おこし協力隊として働き、2018年11月からは、NPO法人を運営しています。

住み慣れ、知り合いも多い環境ですが、島で遊んでいた時とは違い、仕事をするとなると、普段とは違った島の姿を見せつけられ、「島で生活をする。」ということを肌身で感じています。

神津島には、たくさんの魅惑があります。

海、山、空、星、夕日、お花、生き物、文化、歴史、生活スタイル、人との繋がりなどなど・・・。

人それぞれ魅かれる物が違いますが、何かしらピタっとはまる何かが、神津島にあると思います。

ぜひ、島でボランティアをしながら、新しい出会い、発見、視点を見つけにきてくださいね。

中村圭さん
NPO法人神津島盛り上げ隊 理事長

ECOFFスタッフからのメッセージ

メディア掲載

越間秀美さん(2019春日程)

本当に貴重な体験をさせていただき、自身のキャリアを考える上でも価値あるものでした!まだ神津島に帰りたいです!


定員まで残り

島にとけこむ、旅をしよう。

東京にも島がある!

しかも、海あり山あり人の温かさありの島らしい島。

そんな神津島が、あなたを待っています!

島にとけこむ、旅をしよう。

東京にも島がある!

しかも、海あり山あり人の温かさありの島らしい島。

そんな神津島が、あなたを待っています!

詳細情報

+マークをクリックするとより詳しい情報をご覧になれます

場所

東京都神津島村:竹芝客船ターミナルからフェリーで12時間)

日程

名申込済み/定員7名

日程 2020年8〜9月の間に9泊10日で開催予定

締め切り

締め切り 各日程出発日の1週間前または定員に達し次第​

参加費

参加費に含まれるもの:食費・各種経費・保険料・寄付
参加費以外に必要なもの:現地(神津島)までの往復の交通費・個人的な費用

お申し込みの前に【参加費について】を必ずご覧ください。

参加対象者

  • 東京の島を知りたい!という方
  • 島と大自然に触れ合いたい!という方
  • 漁業や農業を経験したい!という方
  • 18歳未満の方はご相談ください(お問い合わせ
  • 社会人での参加も可能ですが、学生向けのプログラムですので、体力や学生に合わせる自信のない方のご参加はご遠慮ください。また、高齢の方の場合は安全性や医療施設などの理由から、世話人の判断により参加をお断りする場合がございますのでご了承ください。

1日め:

  • 22:00 竹芝客船ターミナルで参加者集合
    ※ECOFFからの同行スタッフはおりません。事前に作成するLINEグループを使い参加者同士で合流してください。
    ※アクセス方法については、こちらをご覧ください。
  • 23:00 出港

2日め:

  • 9:00 神津島到着・オリエンテーション

3日め〜9日め:

  • 地域 NPO法人神津島盛り上げ隊の拠点で地域活動
  • 漁業 漁業体験、魚市場見学
  • 農業 農家のお手伝い
  • 観光 海水浴、飛び込み、島冒険、星空観察

10日め:

  • 9:30 神津島出港
  • 17:40 竹下客船ターミナル到着・解散(遅れる場合もあるのでご注意ください。)

※ここに表示しているスケジュールはあくまでも参考です。実際のフェリーの時間帯等はご出発前に必ずご自身で最新情報を確認してください。

  • 地域交流拠点での活動
  • 漁業・魚市場のお手伝い
  • 農業(畑の手入れ、パッションフルーツ製品作り)
  • 神津島の自然を感じる楽しむ(海、山、星、崖) 他

※ここに記載されているものは一例です。活動内容は天候や状況により変化しますので、これらの体験ができることを保証するものではありません。

  • 海の幸、畑の幸、島の幸
  • 神津島の島人とのつながり
  • 第2のふるさと
  • 身近で魅力いっぱいの伊豆諸島という自分のフィールド
  • 友人に教えたくなる場所という存在
  • 船で視野を広げる旅のスキル 他

※ここに記載されているものを得られるかどうかは、参加者次第です。

保険:村おこしNPO法人ECOFFが一括し、損保ジャパン日本興亜の国内旅行保険に加入いたします。

現地協力団体および現地世話人: 現地では、主として次の団体および世話人が村おこしNPO法人ECOFFの定めるガイドラインにのっとって安全管理を行います。

  • 中村圭(NPO法人神津島盛り上げ隊 理事長)

男女別の相部屋です。

NPO法人神津島盛り上げ隊 活動拠点「つねき」は、セルフサービスの宿泊施設です。

無料でご提供いただく施設ですので、ホテルと同等の品質を求めないようにしましょう。

画像上の矢印「<」「>」をクリックしてその他の写真をご覧できます。

名称:NPO法人神津島盛り上げ隊 活動拠点「くると」[空き家]

部屋の種類:男女別の相部屋
携帯電波:ドコモ ◯ | ソフトバンク ◯ | au ◯
インターネット:
浴室:◯(温泉あり:宿泊施設から徒歩30分・割引券利用で1回500円)
洗濯機|乾燥機:◯|X
アメニティ:寝具一式のみ
冷暖房:エアコン有り
食事:自炊
管理人:X
売店:
自動販売機:

携帯電波について:電波状況が悪い場所もございますのでご注意ください。

洗濯について:家庭用洗濯機を共同で利用しますので、洗濯物が混ざらないよう洗濯ネットをご持参ください。また、洗剤は念のためご自身でご準備ください。

アメニティについて:タオルや洗面用具はお持ちください。寝具は用意していますが、気になる方は寝袋等をご持参ください。

食事について:滞在中の食事は参加者どうしでの自炊が基本となります。食材は現地世話人が準備します。

管理人について:◯と表示されている場合は、管理人が同居している施設です。Xと書かれている場合は、管理人不在の施設ですが、世話人が定期的に巡回をします。

上記宿泊場所を確保できなかった場合は、可能な限り同等の宿泊場所をご提供いたします。

お役立ち情報

テキストをクリックしてご覧ください

集合場所:交通機関の到着地(神津島港/三浦港/神津島空港)

【東京からの大型客船(夜行)】← 推奨

1,竹芝客船ターミナルまで

  • JR山手線・京浜東北線「浜松町」駅から徒歩7分
  • もしくは、ゆりかもめ「竹芝」駅から徒歩1分

2,竹芝客船ターミナル → 神津島

【東京 調布飛行場からの飛行機】

1,調布空港まで

  • 京王電鉄「調布」駅からバスで20分もしくはタクシー15分
    調布駅北口からのバス時刻表:小田急バス(外部リンク)
  • もしくは、JR中央線「武蔵境」駅よりタクシーで20分

2,調布飛行場 → 神津島空港

【静岡県 下田市からの客船】

1,下田港(神新汽船のりば)まで

  • 伊豆急行「伊豆急下田」駅から徒歩20分
  • またはタクシーで7分

2,下田港 → 神津島

※特別な事情がない限り、推奨である「東京からの大型客船(夜行)」ルートでお越しください。

21時に参加者同士でご集合ください。

当日22時まで竹芝桟橋に集合してください。船が出航するのは22時ですので、遅れる場合でも22時30分までには着くようにしてください。

なお、集合場所にはECOFF関係者はおりません。事前に作成するLINEグループで連絡を取り合い、ご集合ください。

台風などの悪天候の場合、飛行機などの交通機関が遅延したり欠航になることがあります。

天候によっては、開始日が遅れたり終了日が遅くなることがございます。そのため、神津島滞在後のスケジュールには十分余裕をもってください。

ECOFFは参加者が予定通りに帰宅できなかった場合に被った不利益については一切関与できません。ご理解をよろしくお願いいたします。

※LCCの最安チケットは欠航した場合の代替便の手配ができない場合がございますので、ご予約時によくご確認ください。

出発日のフェリーが欠航した場合

基本的には終了日は変わらずに日程を短縮して実施いたしますが、希望される方は短縮された日程分の延泊が可能です。なお、短縮された分の参加費は1日あたり最大2,500円を現地にて現金にてご返金いたします。

最終日のフェリーが欠航した場合

終了日が延長されます。なお、フェリーの欠航のために延泊が必要になった場合も追加で必要となるプログラム費用はございません。

特別な持ち物は、軍手・作業着・長靴の3点セットです。

なお、これらの物は作業内容によっては不要な場合もございます。ですが、無いと作業ができない場合があるため、出発前に準備するようにしましょう。

  • 軍手:100円ショップや現地で購入できますが、手のひら前面にゴムが貼られているタイプがオススメです。
  • 長靴:折りたたんでコンパクトにできる長靴をオススメしています。
  • 作業着:作業着は、特別に買わなくてもジャージなど、動きやすくて汚れてもいいものであれば何でも大丈夫です。

その他、持っていったほうがいい持ち物に関しては、お申込完了後に郵送にてお送りする「ボランティアブック」を参考にしてください。

下記リンクから参加者にお送りする資料の一部をご覧になれます。

「ボランティアブック」以外は、資源の消費を抑えるため、メールでPDFファイルとしてお送りしております。

また、ボランティアのしおりは全コース共通の内容ですのでご了承ください。

お申し込み完了後、参加確定の連絡を受け取りましたら、ご手配ください。

インターネットからのお申し込みの後、参加費を入金し、ECOFFから申し込み完了メールが届き、参加が確定しましたら、集合場所までの交通の手配をしてください。

島にとけこむ、旅をしよう。

東京にも島がある!

しかも、海あり山あり人の温かさありの島らしい島。

そんな神津島が、あなたを待っています!