👋 次回は2020年2〜3月に開催予定です​

村おこしボランティア

喜界島コース

村おこしボランティアは、地域と密着した活動を体験できるのが特徴の「旅のようなボランティア」です。

「よろこびの島 喜界島」で、のんびりとした島の雰囲気の移住体験や、農業体験を通じて忙しい日常から少し離れてみませんか?

ただ今、春休みの参加者募集中!

地域

喜界島(鹿児島県 大島郡 喜界町)

開催時期

春休み(2〜3月) 夏休み(8〜9月)

こんな方にオススメ

自然が大好き! 離島で農業体験したい! 南の島の雰囲気を味わいたい!

普段の学校生活では絶対に味わうことのない大きな経験でした。都会での生活とは全く異なる文化、環境に身を置くことで、自分の価値観、そして人生観を見つめ直すことができました。

それまでの自分よりも一歩ステップアップした、そんな気分です。

秦宇英さん(2017年3月に参加)
※写真はイメージです

大変なことが多いかなと思っていましたが、楽しいことばかりでした! 毎日が思い出です!

自分の将来につながることも発見できたし仲間など得るものがたくさんありました!

今回ボランティアを通して喜界島が大好きになりました!

S.N.さん(2017年3月に参加)
※写真はイメージです

喜界島とは?

「よろこびの島」。喜界島。

喜界島は鹿児島から南に約380㎞、奄美大島の隣にある隆起サンゴ礁の島で、年間平均2㎜の速度で現在も隆起している珍しい島です。

島の人口は約7,000人で、昔ながらの風景や文化、豊かな自然を残した田舎の魅力と南の島ならではの時の流れを感じられます。

もっと詳しく知りたい方は…

村おこしボランティアの魅力

南の島の農業を体験しよう!

喜界島は農業が盛んな島です。

夏はマンゴー・パッションフルーツなどトロピカルフルーツの収穫、生産量日本一の白ごまの収穫、島内で一番多く栽培されているサトウキビの植え付け作業等で大忙し!

冬は、かぼちゃ・トマトなどの野菜類やサトウキビの収穫でてんやわんや!

喜界島コースなら、南の島ならではの農業をたっぷり体験できます!

南の島と言ったらやっぱり海! 真っ白い砂浜に青く澄み渡った海! そして照りつける太陽!

日焼け止めは必須アイテムです。プライベートビーチのような穴場スポットも多々あります!

しかし、南の島は海だけではありません。生い茂った草樹、見渡す限りの緑、満天の星空!

1時間夜空を眺めるだけで流れ星をいっぱい見つけられます。願い事かなえたい放題!(笑)

ハブやスズメバチなど危険な生物がいないので安心して大自然を満喫できます!

南の島を満喫しよう!

南の島の人とふれあおう!

南の島は人情味溢れる温かい人たちばかり!

豪快な呑みっぷりのおじちゃんに、陽気でノリの良い青年団、面倒見の良すぎるおばちゃんなど個性派ぞろいの島の住民とふれあえば、きっと新しい世界が見えてくるはず!

一日島で過ごせばほら、あなたも立派な『島人(しまんちゅ)』の仲間入り!

村おこしボランティア【喜界島コース】

トロピカルフルーツ栽培のお手伝い

村おこしボランティア【喜界島コース】

サトウキビ栽培のお手伝い

牛のお世話

村おこしボランティア【喜界島コース】

牛の競りの参加

世話人からのメッセージ
喜界島世話人の園田裕一郎さん

喜界島世話人の園田裕一郎です。生まれも育ちも喜界島の純粋な島人です。

高校を卒業して数年間島を離れて暮らしていましたが、数年前に島に帰ってきて改めて島の素晴らしさに気づきました。トータルして20数年島で暮らしていますが、今でも新しい発見の連続で、日々感動しています。

こんな素晴らしい島をもっと多くの人に知ってもらいたいと思いECOFFの活動に参加させていただくことになりました。

喜界島の自然や文化を満喫できるようさまざまなプランを立てております。僕自身まだまだ島のことを勉強中ですが皆様と一緒に喜界島のことをより深く知れたらいいなと思っています。

喜界島での経験が皆様の思い出の1ページになれば幸いです。

園田裕一郎さん
喜界島コース世話人

一面に広がるさとうきび、透き通った海、綺麗な星空、にぎやかな笑い声。 喜界島の魅力は言葉では言い表せないくらいたくさんあります。

行ってみてはじめて分かる喜界島の魅力、みなさんも知りたくありませんか?

是非、喜界島に足を運んでみてください!

橋口紫穂さん
2017春日程

最初は、ほとんど知らない土地なので、心配や不安になったりすると思いますが、全然そんなことありません。

実際これば、むしろ、喜びや楽しいものになるでしょう。

僕が、保証します!!

だって、僕がそうだったから!!

行くか迷ったら騙されたと思って応募してみてください。もう一度いいますが、楽しいのを保証します!

猪飼健太さん
2017春日程

喜界島は、海が綺麗、自然が綺麗、空気が綺麗、星空が綺麗、蝶々の蛹が綺麗、お姉さんが綺麗。綺麗なものばかりです。

そんな綺麗なものたちに触れることができる喜界島ですが、一番綺麗なものは、人の心。

喜界島の方々は、とてもあたたかく、笑顔が絶えません。

その輪の中に入れば、そのあたたかさに触れれば、誰もが喜界島を好きになります。

行って必ず後悔はありません。

松浦瞳さん
2016夏日程

A日程
定員まで残り

B日程
定員まで残り

C日程
定員まで残り

D日程
定員まで残り

島にとけこむ、旅をしよう。

村おこしボランティア【喜界島コース】は、南国の生活を体験したいあなたにピッタリです。

詳細情報

+マークをクリックするとより詳しい情報をご覧になれます

場所

喜界島(鹿児島県 大島郡 喜界町:鹿児島港からフェリーで約11時間)

日程

日程 2020年2〜3月の間に9泊10日で開催予定

締め切り

  • A日程:
  • B日程:
  • C日程:
  • D日程:

締め切り 各日程出発日の1週間前または定員に達し次第​

参加費

参加費に含まれるもの:食費・各種経費・保険料・寄付
参加費以外に必要なもの:現地(種子島)までの往復の交通費・個人的な費用

お申し込みの前に【参加費について】を必ずご覧ください。

参加対象者

  • ・自然が大好き!という方
  • ・離島で農業体験したい!という方
  • ・南の島の雰囲気を味わいたい!という方
  • ・18歳未満の方はご相談ください
  • ・社会人での参加も可能ですが、学生向けのプログラムですので、体力や学生に合わせる自信のない方のご参加はご遠慮ください。また、高齢の方の場合は安全性や医療施設などの理由から、世話人の判断により参加をお断りする場合がございますのでご了承ください。

1日目:

  • 16:30:鹿児島港 集合・フェリー乗船(ECOFFからの同行スタッフはおりません。事前に作成するLINEグループを使い参加者同士で合流してください。)
  • 17:30:鹿児島港 出港

2日目:

  • 04:30:喜界島港 到着・現地世話人と合流・オリエンテーション

2日目ー10日目:

  • 農家さんとともに農作業(サトウキビの植え付けや収穫、トロピカルフルーツの収穫、ゴマの収穫、牛の餌やりなど)
  • 空き時間等を使って自然体験(島内一周、海水浴、BBQなど)

11日目:

  • 22:20:喜界島港にてフェリー乗船
  • 22:50:喜界島港 出港

12日目(最終日):

  • 10:20 鹿児島港 到着・解散
  • ・農業ボランティア
  • ・大自然の満喫
  • ・島のイベントや行事 他

※ここに記載されているものは一例です。活動内容は天候や状況により変化しますので、これらの体験ができることを保証するものではありません。

  • ・南の島での生活体験
  • ・農業ボランティア体験
  • ・仲間との絆
  • ・島の人との絆
  • ・思い出の1ページ
  • ・新しい人生観 他

※ここに記載されているものを得られるかどうかは、参加者次第です。

保険 村おこしNPO法人ECOFFが一括し損保ジャパン日本興亜の国内旅行保険に加入いたします。

現地協力団体および現地世話人 現地では、主として次の団体および世話人が村おこしNPO法人ECOFFの定めるガイドラインにのっとって安全管理を行います。

現地世話人: 現地では、主として次の世話人が村おこしNPO法人ECOFFの定めるガイドラインにのっとって安全管理を行います。

  • ・佐手久青年団
  • ・園田裕一郎

集落公民館または空き家に男女別で宿泊します。

現地の特別な許可を得て使用させていただく公共施設となりますので、ルールとマナーを守ってご利用ください。

画像上の矢印「<」「>」をクリックしてその他の写真をご覧できます。

名称:集落公民館または空き家

  • 部屋の種類:男女別の相部屋
  • 携帯電波:ドコモ◯ ソフトバンク△ au△(※1)
  • インターネット:X
  • テレビ:X
  • 浴室:△(※2)
  • 洗濯機:△(※3)
  • アメニティ:寝具一式のみ(※4)
  • 売店・自動販売機:◯(徒歩約5分)

(※1)電波のない地域が島内の一部にあります。

(※2)宿泊場所によってはシャワーのみ有り(無い場所は近隣住民宅にて借ります)

(※3)宿泊場所によっては1台有り(無い場所は近所の民家にて借ります)

(※4)タオルや洗面用具はお持ちください。寝具は用意していますが、気になる方は寝袋等をご持参ください。

お役立ち情報

テキストをクリックしてご覧ください

村おこしボランティア【喜界島コース】の集合時間と場所は、1日目16:30 鹿児島港です。前日にご集合できない場合は、飛行機でお越しください。飛行機で来られる場合は、到着次第喜界島世話人が喜界島空港までお迎えにあがります。

【海路でのアクセス方法(鹿児島から)】

1,各地の空港 → 鹿児島空港

※東京駅と銀座駅から深夜に出発する高速バス【THE アクセス成田】または【東京シャトル】に乗れば成田からの早朝の飛行機に乗れます。

2,鹿児島空港 → 鹿児島中央駅(所要時間40分〜60分)

  • 高速バスをご利用ください。(1,200円)

3,鹿児島中央駅 → 鹿児島港(所要時間約10分)

  • 路線バスを利用し、「ドルフィンポート」まで行くと近いです。(150円〜180円)
    桜島の方を向いて海に向かって歩けば、フェリーの待合所です。

4,鹿児島港 → 喜界島(翌日4:30到着)

【空路でのアクセス方法(奄美大島経由)】

1,各地の空港 → 奄美空港(鹿児島県奄美大島)

  • バニラエア:東京(成田) → 奄美空港
  • JAL:東京(羽田)・大阪(伊丹)・福岡・鹿児島 → 奄美空港

2,奄美空港 → 喜界島空港(所用時間20分)

  • JAL:奄美空港 → 喜界島空港

【空路でのアクセス方法(鹿児島経由)】

1,各地の空港 → 鹿児島空港

2,鹿児島空港 → 喜界島空港(所用時間1時間20分)

  • JAL:鹿児島空港 → 喜界島空港

※時刻や運賃は2016年6月時点のものです。ご出発までに必ずご自身で最新情報をご確認ください。
※その他にも交通手段はあります。 また、この情報は最低価格を保証するものではありません。

悪天候の場合、フェリーや飛行機が遅延したり欠航になることがあります。そのため、喜界島滞在後のスケジュールには十分余裕をもってください。

また、フェリーの到着は状況により大幅に遅れることもございます。復路のチケット等を手配する際には時間に十分ご注意ください。

ECOFFは参加者が予定通りに帰宅できなかった場合に被った不利益については一切関与できません。ご理解をよろしくお願いいたします。

なお、悪天候が原因でフェリーや飛行機が欠航した場合、通常は航空会社から代替便を無料で手配してもらうことが可能です。

おそれいりますが、この際の手続き方法や代替便の手配が可能かどうかのお問い合わせはご自身でお願いいたします。

※LCCの最安チケットは代替便の手配ができない場合がございますので、ご予約時によくご確認ください。

気象状況等により、寄港地・入出港時刻が変更になる場合や、抜港・欠航になる場合があります。ご利用の際は各海運代理店へお問い合わせください。

出発日のフェリーが欠航した場合

この場合は、終了日は変わらずに日程を短縮して実施いたします。

最終日のフェリーが欠航した場合

この場合は、終了日が延長されます。現地世話人が予算内で準備した食材が不足した場合、食材費の追加費用が必要な場合がございます。その場合の追加費用は現地にてお支払い下さい。

特別な持ち物は、軍手・作業着・長靴の3点セットです。なお、これらの物は作業内容によっては不要な場合もございます。ですが、無いと作業ができない場合があるため、出発前に準備するようにしましょう。

  • ・軍手:100円ショップや現地で購入できますが、手のひら前面にゴムが貼られているタイプがオススメです。
  • ・長靴:折りたたんでコンパクトにできる長靴をオススメしています。
  • ・おすすめの作業着:作業着は、特別に買わなくてもジャージなど、動きやすくて汚れてもいいものであれば何でも大丈夫です。

その他、持っていったほうがいい持ち物に関しては、持ち物リスト(PDF)をご覧ください。なお、参加者には同様の持ち物リストが記載されている「しおり」を郵送いたします。

下記リンクから参加者にお送りする資料の一部をご覧になれます。

「ボランティアのしおり」以外は、資源の消費を抑えるため、メールでPDFファイルとしてお送りしております。

また、ボランティアのしおりは全コース共通の内容ですのでご了承ください。

ボランティアのしおり

島にとけこむ、旅をしよう。

村おこしボランティア【喜界島コース】は、南国の生活を体験したいあなたにピッタリです。