👋 次回は2021年2〜3月に開催予定です

村おこしボランティア

江田島コース

村おこしボランティアは、地域と密着した活動を体験できるのが特徴の「旅のようなボランティア」です。

江田島コースでは、瀬戸内海の広島湾に位置する人口2万人の島で、ヤギとふれあいながら農地再生や古民家リノベーションを体験できます。

地域

広島県

定員

4名

参加費

38,000円

2021年2〜3月の間に9泊10日の日程で開催予定

新型コロナウイルスの感染状況を見て判断して公表します。

最新情報の受け取りを希望される方は、先行登録をしてお待ちください。

江田島とは?

都市の対岸にあるオリーブの島

広島は原爆ドームと厳島神社の2つの世界遺産を有する観光地です。

江田島(えたじま)は、瀬戸内海にある離島で、広島市と呉市、そして厳島神社で有名な宮島のちょうど中間にあります。

広島原爆ドームや、呉と江田島にある旧陸海軍遺跡、そして海上自衛隊施設も身近にある江田島は、絶好の平和学習スポットです。

村おこしボランティアの魅力
農地づくりをイチから体験!

循環の仕組みを考えながら農地設計し荒廃農地を開墾しているという、世話人の河本さん。

江田島では、持続的で安全な食料生産を世話人と一緒に考え、一(イチ)から農地づくりに関われます。

江田島ではヤギを飼養されている方が数人おられ、実は密かにヤギの島だとも言えます。

2ヘクタールのメガソーラーに放牧されたヤギの群れのお世話をしながら、江田島ヤギ商品開発【極秘】プロジェクトに関わってみませんか?

ヤギを活用した【極秘】プロジェクト!?
江田島の周りは、寄り道が楽しそう!

江田島の海軍兵学校、広島の平和公園、廿日市の厳島神社、呉大和ミュージアム、四国の道後温泉…。

江田島の周りには、楽しいだけでなく、学びもたくさんのスポットが目白押し。

ecoffの前に? 後に?

時間を作ってのんびり道草しませんか?

※上記スポットの観光はプログラムには含まれておりませんので、ご希望の方は活動中の休日や、活動前後の個人旅行で訪問しましょう。

もっと詳しく知る

体験記

レビュー

instagram

世話人からのメッセージ
村おこしボランティア【江田島コース】世話人の河本さん
村おこしボランティア【江田島コース】世話人の河本さん

いい歳をして定年まで待てずに食料とエネルギーを自給できる仕組みを作ろうと脱サラした河本です。

応援してくださった沢山の方々がいますからやり遂げないわけに行きません。

そんな私の理念に賛同する人もしない人も来て損はしない楽しめる江田島です。

広島駅まで約1時間のうちは一番行き易いEcoffかな(笑)

お待ちしております。

河本賢一さん / 河本若子さん

ECOFFスタッフからのメッセージ
村おこしボランティア【台湾 澎湖(ポンフー)コース】世話人の宮坂大智

2019年の秋、私は江田島で河本さんご夫婦に初めてお会いしましたが、河本さんとは、元々は鹿児島県トカラ列島の中之島の世話人としてのお付き合いがありました。

完全循環型の生活を目指している河本さんの考え方は、まさに私の理想とするもので、その暮らしの実現を心待ちにしています。

河本さんは、中之島から一緒に引っ越してきたトカラヤギ(トカラ列島の固有種であるヤギ)と共に、江田島という新たなフィールドで最初の一歩を今まさに踏み出しています。

寡黙だけれど途方もなく大きな目標を胸に宿した賢一さん、どんな時でも明るくて周りのみんなを楽しい気持ちにしてくださる若子さん…。

そんなお2人と、都市から近いのに離島の良さをもった魅力的な江田島。こんなに魅力的な活動地はなかなかありません。

ぜひ、あなたも江田島に行ってその魅力を感じ、地域活性化のお手伝いをしてみませんか?

島インターンからのメッセージ

匿名希望

喜界島はとても素敵な所だった。自然が豊かで、農作業の休憩中にはその自然の中にいることで癒された。海が綺麗で、満点の星があって、緑も豊かで、改めて私は自然が好きだなと思った。そして、喜界島の素敵な方々との交流ができて、より喜界島を身近に感じることができた。今回のボランティアを踏まえて、自分の将来について考えたいと思うし、また喜界島を訪れたい。

赤瀬誠太郎さん(2017夏日程)

最初は全く聞いたこと無い島でしたが、村おこしや地域活性化に興味があって応募しました。不安な気持ちも最初の電車で仲間と合流し一瞬消えました。島での生活は地元では出来ないはじめての経験ばかりでした。とうがらし、ごまの収穫、さとうきびの管理、そして牛のお世話。その場所で会う島の人達みなさんとても暖かいく、笑顔がまぶしてくて、みんな明るい。最後に帰るときも、「また来いよ」と優しくいっていただき本当に良い出会いが島でできました。もちろんまた来ます!10日間一緒に頑張った仲間と毎日笑いあって楽しかったなぁ。。また会いたい人がこの体験でたくさん増えました。また参加したいです。ありがとうございました!!

島にとけこむ、旅をしよう。
B日程:受付終了
C日程:受付終了
D日程:受付終了
E日程:受付終了
F:

定員まで残り

瀬戸内海の島で、ヤギのお世話をしたり古民家リノベーションをして、島おこしに貢献しよう!
詳細情報

+マークをクリックするとより詳しい情報をご覧になれます

場所

日程

次回は、2021年2〜3月の開催を予定していますが、新型コロナウイルスの感染状況を考慮の上、決定いたします。

日程 2020年8〜9月の間に9泊10日で開催予定

締め切り

締め切り 各日程出発日の1週間前または定員に達し次第​

参加費

参加費に含まれるもの:食費・各種経費・保険料・寄付
参加費以外に必要なもの:現地(江田島)までの往復の交通費・個人的な費用

お申し込みの前に【参加費について】を必ずご覧ください。

参加対象者

  • 13歳以上の健康な方で地域活性化に興味のある方
  • リーダーシップを発揮したい人
  • アイディア豊富な人
  • 体力に自信のある人
  • 料理上手な人
  • 楽器を弾ける人
  • ムードメーカーな人
  • 今までの自分から一歩前進したい人

※2020夏シーズンに関しましては、新型コロナウイルス感染防止のため、中国四国地域にお住まいの方のみご参加いただけます。
※参加希望者は、出発までの2週間は居住地域から県をまたぐ移動はしないでください。また、3密を避ける等の徹底的な感染症対策をお願いいたします。

※社会人での参加も可能ですが、学生向けのプログラムですので、体力や学生に合わせる自信のない方のご参加はご遠慮ください。また、高齢の方の場合は安全性や医療施設などの理由から、世話人の判断により参加をお断りする場合がございますのでご了承ください。

初日:

  • 14:00 「広島宇品港」集合
  • 00:00 フェリー乗船
  • 15:00 江田島で世話人と合流
  • 15:30 オリエンテーション
  • 16:00 食料品店案内
  • 16:30 入浴
  • 18:00 食事の準備
  • 19:00 夕飯
  • 21:00 就寝

中日:

  • 5:00 起床
  • 6:00 朝食の準備
  • 7:00 朝食
  • 8:00~10:30 午前の作業
  • 11:30 昼食準備
  • 12:00 昼食
  • 13:00~15:00 午後の作業

最終日:

  • 5:00 起床
  • 6:00 朝食の準備
  • 7:00 朝食
  • 8:00~9:30 午前の作業
  • 10:00 昼食準備
  • 11:00 昼食
  • 11:30 終了証授与
  • 農業ボランティア
  • 畜産業ボランティア
  • 山羊の飼養
  • 荒廃農地の再生
  • 竹林や森の間伐
  • 井戸掘りと家屋の修繕もあるかも 他

※ここに記載されているものは一例です。活動内容は天候や状況により変化しますので、これらの体験ができることを保証するものではありません。

  • 島での生活体験
  • 第二のふるさと
  • 志を共にする仲間
  • 有畜農業の知識
  • 現場対応力

※ここに記載されているものを得られるかどうかは、参加者次第です。

保険:村おこしNPO法人ECOFFが一括し損保ジャパン日本興亜の国内旅行保険に加入いたします。

現地協力団体および現地世話人: 現地では、主として次の世話人が村おこしNPO法人ECOFFの定めるガイドラインにのっとって安全管理を行います。

  • 河本賢一さん
  • 河本若子さん

男女別の相部屋です。

無料でご提供いただくセルフサービスの施設ですので、マナーとルールを守って利用しましょう。

画像上の矢印「<」「>」をクリックしてその他の写真をご覧できます。

名称:世話人宅[ゲストハウス]

部屋の種類:男女別の相部屋
携帯電波:ドコモ ◯ | ソフトバンク ◯ | au ◯
インターネット:◯(WiFi有り)
浴室:△(シャワーのみ)
洗濯機:
乾燥機:△(近くにコインランドリー有り)
アメニティ:寝具一式、タオル
冷暖房:冷房なし扇風機のみ・暖房あり
食事:自炊
管理人:
売店:
自動販売機:

携帯電波について:電波状況が悪い場所もございますのでご注意ください。

洗濯について:家庭用洗濯機を共同で利用しますので、洗濯物が混ざらないよう洗濯ネットをご持参ください。また、洗剤は念のためご自身でご準備ください。

アメニティについて:タオルや洗面用具はお持ちください。寝具は用意していますが、気になる方は寝袋等をご持参ください。

食事について:滞在中の食事は参加者どうしでの自炊が基本となります。食材は現地世話人が準備します。

管理人について:◯と表示されている場合は、管理人が同居している施設です。Xと書かれている場合は、管理人不在の施設ですが、世話人が定期的に巡回をします。

※上記宿泊場所を確保できなかった場合は、可能な限り同等の宿泊場所をご提供いたします。

お役立ち情報

テキストをクリックしてご覧ください

  1. 山陽新幹線広島駅下車
  2. 広島電鉄1号線、3号線、5号線の何れかに乗車 広島港下車
  3. 瀬戸内シーライン中町港行高速船に乗船
  4. 江田島中町港下船

悪天候の場合、フェリーや飛行機が遅延したり欠航になることがあります。そのため、江田島滞在後のスケジュールには十分余裕をもってください。

また、フェリーの到着は状況により大幅に遅れることもございます。復路のチケット等を手配する際には時間に十分ご注意ください。

ECOFFは参加者が予定通りに帰宅できなかった場合に被った不利益については一切関与できません。ご理解をよろしくお願いいたします。

なお、悪天候が原因でフェリーや飛行機が欠航した場合、通常は航空会社から代替便を無料で手配してもらうことが可能です。

おそれいりますが、この際の手続き方法や代替便の手配が可能かどうかのお問い合わせはご自身でお願いいたします。

※LCCの最安チケットは代替便の手配ができない場合がございますので、ご予約時によくご確認ください。

気象状況等により、寄港地・入出港時刻が変更になる場合や、抜港・欠航になる場合があります。ご利用の際は各海運代理店へお問い合わせください。

出発日のフェリーが欠航した場合

この場合は、終了日は変わらずに日程を短縮して実施いたします。

最終日のフェリーが欠航した場合

この場合は、終了日が延長されます。現地世話人が予算内で準備した食材が不足した場合、食材費の追加費用が必要な場合がございます。その場合の追加費用は現地にてお支払い下さい。

特別な持ち物は、軍手・作業着・長靴の3点セットです。

なお、これらの物は作業内容によっては不要な場合もございます。

ですが、無いと作業ができない場合があるため、出発前に準備するようにしましょう。

  • 軍手:100円ショップや現地で購入できますが、手のひら前面にゴムが貼られているタイプがオススメです。
  • 長靴:折りたたんでコンパクトにできる長靴をオススメしています。
  • 作業着:作業着は、特別に買わなくてもジャージなど、動きやすくて汚れてもいいものであれば何でも大丈夫です。

      その他、持っていったほうがいい持ち物に関しては、持ち物リスト(PDF)をご覧ください。なお、参加者には同様の持ち物リストが記載されている「ボランティアブック」を郵送いたします。

      下記リンクから参加者にお送りする資料の一部をご覧になれます。

      「ボランティアブック」以外は、資源の消費を抑えるため、メールでPDFファイルとしてお送りしております。

      また、ボランティアブックは全コース共通の内容ですのでご了承ください。