👋 次回は2020年8〜9月に開催予定です

村おこしボランティア

与論島コース

村おこしボランティアは、地域と密着した活動を体験できるのが特徴の「旅のようなボランティア」です。

与論島は、絶景「百合ケ浜」など最近人気のある観光地として再注目されていますが、もともとは、サトウキビ、インゲン、ゴーヤ、畜産など農業も盛んな島です。

注目される観光地でありながらも、高校卒業後、就職や進学で一度は島外に出る若者が多い為、特に20代の若者が不足しています。

与論島コースでは、若者ならではの視点や行動力で、一緒に島課題を解決できる方を募集しています。

地域

鹿児島県

定員

各日程7名

参加費

38,000円

2020年8〜9月の間に9泊10日の日程で開催予定

日程は5月ごろ公開します

与論島とは?

鹿児島と沖縄の文化が入り混じる島、与論島。

与論島は、鹿児島県最南端周囲23キロ、人口約5000人の小さい島です。

小さい島の割には、空港・港・病院・学校など町としての基本な機能がほとんどそろっていることから、日本社会の縮図と言われる方もいます。

また、沖縄本土から23キロしか離れていないため、沖縄文化と鹿児島文化の両方の影響を受けているのも与論島の特徴です。

特に、干潮時にだけ現れる砂浜「百合ケ浜」は「死ぬまでに行きたい絶景」として有名です。豊かな自然と個性豊かな島人が、皆様をお待ちしております。

もっと知りたい方は…

村おこしボランティアの魅力
青い海を横目に、ガッツリ農業しよう!

与論島の農業は多岐にわたりますが、独特なのは耕作放棄地の整備のお仕事。高齢化でなかなか作業が難しくなってしまった畑を、みなさんの手で蘇らせましょう!

農作業は大変なものもありますが、ふと横に目をやれば、青い海を見渡せます。起伏がなく平坦な与論島では、どこにいても海が見えます。

休日には幻の浜「百合ケ浜」に出会えるかも!?

たくさん汗をかいて、大変な作業でも楽しめるアナタの参加をお待ちしています!

与論島の島人(しまんちゅ)は、島を訪れた旅人(たびんちゅ)を温かく迎えてくれます。

沖縄に近いため、沖縄と鹿児島の文化が入り混じり、その多様な文化の中で暮らす個性豊かな島人があなたをお待ちしています。

与論島の方言で「ありがとう」は「とーとぅがなし」と言います。この言葉は与論の日常でとてもよく使われているので、みなさんも「とーとぅがなし」を覚えて、島人と交流しましょう。

待っているだけでは島人と仲良くなれません。自ら積極的に与論島の方言で話しかけてみましょう! きっと距離がグッと近づきます。

個性豊かな島人と交流できる!
養鶏・畜産・畑など、バラエティ豊かな体験ができる!

与論島の受け入れ農家さんは、畑・畜産・養鶏・飲食店や、移住者体験住宅の経営など多種多様なお仕事をされています。

畑ではサトウキビ・バナナ・カボチャ・トウモロコシなど…た〜くさんの作物を育てています!

分業化されている都会とは違い、島ではなんでも自分でできる人が多いのも特徴。そんな与論島で「なんでもやる」にチャレンジしてみませんか?

世話人からのメッセージ

今回の与論島での体験を通して、島を好きになってくれる人が増えればと考えております。

畑や畜産、養鶏、飲食店、移住者体験住宅を経営しております。人手がたりていないので、皆さんの力で助けて下さい。

また、移住者体験の受け入れもやっているので、将来田舎暮らしを考えている方は、先輩移住者を紹介するので、アドバイスを聞く事ができます。

野口小夜子さん
現地受け入れ農家

世話人からのメッセージ

みなさんこんにちは。世話人の佐藤です。

2015年9月に新婚旅行で与論島を訪れたのを機に、夫婦で与論島に移住しました。そして、2016年4月から与論町地域おこし協力隊として着任し、現在プロの通訳ガイドとして活動しております。

2017年9月から、地元の農家さんとボランティアの受け入れを開始し、年間約50名ほどのボランティアを受け入れております。

農作業お手伝いの他、空き時間を使っての観光や、移住者や地域住民との交流に重きをおいています。与論島には、若い皆さんの智慧と力を必要とする方が沢山います。皆さんの参加を、お待ちしております。

佐藤伸幸さん
奄美群島認定エコツアーガイド/奄美群島地域通訳案内士(中国語・英語)

ECOFFスタッフからのメッセージ
島インターンからのメッセージ

匿名希望(2019夏日程)

色んな方と触れ合うことで自分の考え方や生き方の参考になったし、こんな経験できることないのでとても充実した期間を過ごすことができた

R.N.さん(2019春日程)

携わる沢山の人が大切に築き上げたエコフにを通して、
ボランティアとはなにか、島にくる理由はなにか、島の自然や島人の暖かさ、豊かさに触れ、共同生活を通して、自分の器量や幸せ指数などなど普段忘れている、本当に大切にしなきゃいけないものを心に湧き上げ、刺激となり、自分の人生をより豊かなものにし、周りの人を幸せにする、そしてまた幸せの循環ができる。そんなボランティアの素晴らしさを知る事ができました。エコフに参加した事で、今まで踏み出せなかった一歩が踏み出せるようになり、早速都内でボランティア活動に参加しています。本当に、参加してよかった。

能勢 陸央さん(2020年末年始日程)

行く前は正直、軽い気持ちだったけれどこのボランティアを通じてたくさんな人と出会い様々な経験をし自分自身の成長に繋がった。
与論で学んだことを家に帰りノートにまとめたので必ず今後に活かしていく。
貴重なボランティアに参加させて頂いたことに感謝したい。

島にとけこむ、旅をしよう。
与論島ではガッツリ農業を楽しみながら、個性豊かな島人との交流ができます!
詳細情報

+マークをクリックするとより詳しい情報をご覧になれます

場所

鹿児島県 大島郡 与論町:那覇港からフェリーで5時間

日程

名申込済み/定員7名
名申込済み/定員7名

日程 2020年8〜9月の間に9泊10日で開催予定

締め切り

締め切り 各日程出発日の1週間前または定員に達し次第​

参加費

参加費に含まれるもの:食費・各種経費・保険料・寄付

参加費以外に必要なもの:現地(与論島)までの往復の交通費・個人的な費用

追加費用:フェリーが欠航し滞在日数が伸びた場合は、追加で1,500円/日が必要となります。その場合は現地で現金にてお支払いください。

お申し込みの前に【参加費について】を必ずご覧ください。

参加対象者

  • 楽しいだけではない、離島のリアルな暮らし体験したい方
  • 農業体験をしたい方
  • 色々な人と知り合って自分を成長させたい方 など
  • 20歳未満の方のご参加はできません

※社会人での参加も可能ですが、学生向けのプログラムですので、体力や学生に合わせる自信のない方のご参加はご遠慮ください。また、高齢の方の場合は安全性や医療施設などの理由から、世話人の判断により参加をお断りする場合がございますのでご了承ください。

前日

  • 遠方からお越しの方は、事前に沖縄入りし前夜泊

1日め:

  • 6:00〜6:30 那覇港でフェリー乗船手続き
  • 6:30 那覇港 船客待合所で参加者集合
  • 6:30〜7:00 フェリーに乗船し、与論港へ出発
  • 11:50 与論港到着・現地世話人と合流
  • オリエンテーション、作業内容の確認

中日:

  • 2〜3人のグループに分かれて作業開始
  • 畜産(ウシ、ヤギの餌やり、草刈り)
  • 養鶏体験(卵の収穫)
  • 農作業体験(サトウキビ植え付け、麦の種まき、カボチャ、アカウリ、サツマイモの収穫)

最終日:

  • 14:10 与論港でフェリーに乗船し、那覇港へ出発
  • 19:00 那覇港到着・解散

※ここに表示しているスケジュールはあくまでも参考です。実際のフェリーの時間帯等はご出発前に必ずご自身で最新情報を確認してください。

  • 農作業ボランティア
  • 畜産(ウシ、ヤギ)、養鶏体験
  • 青い海でシュノーケリング体験(夏) 他

※ここに記載されているものは一例です。活動内容は天候や状況により変化しますので、これらの体験ができることを保証するものではありません。

  • 島での自然体験
  • 多様な価値観を持った人との交流
  • 第二のふるさと 他

※ここに記載されているものを得られるかどうかは、参加者次第です。

  • ボランティア活動は1日8時間で、農作業中心です。
  • 3日に1日程度の休みがございます。
  • 夏と春で作業内容が変わりますのでご了承ください。
  • 天候によって活動内容が変わるので、臨機応変な対応へのご協力をお願いいたします。
  • 休日オフの時間は参加者のみでの自由行動となります。
  • ボランティア以外に何をしたいか、事前に島の情報を調べておいてください。

保険:村おこしNPO法人ECOFFが一括し損保ジャパン日本興亜の国内旅行保険に加入いたします。

現地協力団体および現地世話人: 現地では、主として次の団体および世話人が村おこしNPO法人ECOFFの定めるガイドラインにのっとって安全管理を行います。

  • 野口小夜子(現地受入農家)
  • 佐藤伸幸(与論島地域おこし協力隊)

参加者が作ってくれました! 与論島コースガイド!

与論島コース1期生(2017年夏)が、与論島での活動をより良いものにするために、コースガイドを作成してくれました! ぜひ参考にしてみてください。

男女別の相部屋です。

ちゅら島は、セルフサービスの宿泊施設です。

無料でご提供いただく施設ですので、ホテルと同等の品質を求めないようにしましょう。

画像上の矢印「<」「>」をクリックしてその他の写真をご覧できます。

名称:ちゅら島[ゲストハウス]

部屋の種類:男女別の相部屋
携帯電波:ドコモ ◯ | ソフトバンク ◯ | au ◯
インターネット:
浴室:
洗濯機|乾燥機:◯|X
アメニティ:寝具一式のみ
冷暖房:確認中
食事:自炊
管理人:確認中
売店:
自動販売機:

携帯電波について:電波状況が悪い場所もございますのでご注意ください。

洗濯について:家庭用洗濯機を共同で利用しますので、洗濯物が混ざらないよう洗濯ネットをご持参ください。また、洗剤は念のためご自身でご準備ください。

アメニティについて:タオルや洗面用具はお持ちください。寝具は用意していますが、気になる方は寝袋等をご持参ください。

食事について:滞在中の食事は参加者どうしでの自炊が基本となります。食材は現地世話人が準備します。

管理人について:◯と表示されている場合は、管理人が同居している施設です。Xと書かれている場合は、管理人不在の施設ですが、世話人が定期的に巡回をします。

上記宿泊場所を確保できなかった場合は、可能な限り同等の宿泊場所をご提供いたします。

お役立ち情報

テキストをクリックしてご覧ください

集合場所:与論島 与論港


【沖縄・那覇港からフェリーで与論港へ】(推奨ルート)

1,各地の空港 → 那覇空港

2,那覇空港 → 那覇港

  • タクシー:約7分(約1,000円)
  • モノレール:「旭橋」駅まで行き徒歩15分(260円)

3,那覇港 → 与論島 与論港

  • フェリーで4時間50分(一日一便)
  • 那覇港7:00出港 与論港11:50入港(2等2,820 円/学割3,380円) ※平成28年7月1日~平成30年3月31日 まで「沖縄・奄美交流割引」がありますので、学割より2等普通運賃の方が格安になります。ご注意ください。乗船券購入の際に割引を申し出てください。
  • 詳細:Aラインマリックスライン(一日交替での運航)

※奄美大島経由、鹿児島経由でのアクセスも可能ですが、特別な事情がない限り那覇からのルートでお越しください。


【飛行機で与論空港へ】

  • 那覇空港から飛行機で30分
  • 鹿児島空港から飛行機で100分
  • 奄美大島空港から飛行機で45分

台風などの悪天候の場合、飛行機などの交通機関が遅延したり欠航になることがあります。

そのため、与論島滞在後のスケジュールには十分余裕をもってください。

ECOFFは参加者が予定通りに帰宅できなかった場合に被った不利益については一切関与できません。ご理解をよろしくお願いいたします。

※LCCの最安チケットは欠航した場合の代替便の手配ができない場合がございますので、ご予約時によくご確認ください。

出発日の飛行機やフェリーが欠航した場合

基本的には終了日は変わらずに日程を短縮して実施いたしますが、希望される方は短縮された日程分の延泊が可能です。なお、短縮された分の参加費は1日あたり2,500円を現地にて現金にてご返金いたします。

最終日の飛行機やフェリーが欠航した場合

終了日が延長されます。なお、フェリーが欠航し滞在日数が伸びた場合は、追加で1,500円/日が必要となります。その場合は、現地で現金にてお支払いください。

特別な持ち物は、軍手・作業着・長靴の3点セットです。

なお、これらの物は作業内容によっては不要な場合もございます。

ですが、無いと作業ができない場合があるため、出発前に準備するようにしましょう。

  • 軍手:100円ショップや現地で購入できますが、手のひら前面にゴムが貼られているタイプがオススメです。
  • 長靴:折りたたんでコンパクトにできる長靴をオススメしています。
  • 作業着:作業着は、特別に買わなくてもジャージなど、動きやすくて汚れてもいいものであれば何でも大丈夫です。

      その他、持っていったほうがいい持ち物に関しては、持ち物リスト(PDF)をご覧ください。なお、参加者には同様の持ち物リストが記載されている「ボランティアブック」を郵送いたします。

      下記リンクから参加者にお送りする資料の一部をご覧になれます。

      「ボランティアブック」以外は、資源の消費を抑えるため、メールでPDFファイルとしてお送りしております。

      また、ボランティアブックは全コース共通の内容ですのでご了承ください。

      島にとけこむ、旅をしよう。
      与論島ではガッツリ農業を楽しみながら、個性豊かな島人との交流ができます!