屋久島コース参加者から次の参加者へのメッセージ

N.H.さん(2020春日程)

感想で書いたように、屋久島の方々は私たちに関心を持って接して下さります。
ボランティアである以上、まずは受け入れ先の方のために仕事をしっかりする必要がありますが、その上で自分が気になっていること、考えていることを正直に伝えてみると、おもしろいお話が聞けたり、体験が得られるのではないかと思います。
ぜひ色々動いてみてほしいです!

内田裕香さん(2020春日程)

「経験」に投資するのはとても良いことだと思います!迷っている人は是非参加をおすすめします。

林真由さん(2020春日程)

10日間初対面の人と共同作業をするということで応募するには勇気が必要だと思うけど、応募して良かったと最後に絶対思えるのでぜひこの経験を味わってください!!

渡辺 安美さん(2020春日程)

屋久島は人が温かいです。そして常に右を見ると山、左を見ると海があり、心地よい風が吹いています。
宿泊施設も自然いっぱいで心が洗われます。自然が大好きな方は迷わず絶対に行くべきです!
個人的に厳しいと感じた点は、畑にトイレがないことです。また、スーパーやコンビニ、自動販売機が近くにないため、全ての持ち物を家から持っていかなければいけないことです。
でも、そんなの大したことないので、屋久島でのびのびと暮らしてみることをオススメします!

S.C.さん(2020春日程)

百聞は一見にしかず!一度いって現地を見てみることが大切。お話する中で気付きだったりなにか感じることがあると思います

O.K.さん(2020春日程)

行ったら、ほぼ間違いなく自分の中の何かが変わると思います。田舎暮らしに憧れるかもしれませんし、農業の魅力に惚れ込むかもしれませんし、あるいはもしかしたら「自分は田舎暮らしには向いていないな」と感じるかもしれません。
また単にその地域に知り合いができることで、自分と地域の間の心理的距離が縮まり、「第二の故郷」とも言うべき場所になるかもしれません。
ただあくまでも「ボランティア」ですので、「自分の中の何かが変わること」をぼーっと待っているだけではもったいないです。
地域の方々に積極的に質問を投げかけたり考えたりして、10日間という決して短くない時間を有意義に過ごせると、このプログラムに参加した意義も非常に強いものとなるのではないでしょうか。

匿名希望(2020春日程)

1日1日の活動を大切にして、最初に目標を持ち、活動が終わったら振り返ることがとても大切だと思います。

野口 歩夢さん(2020春日程)

屋久島で出会う農家や周りの人々は思っているより多様です。屋久島でずっと暮らしている人はもちろん、様々な理由や意思で屋久島にやってきて生活をしている人も沢山います。コロナ禍ではありますが、ボランティアの時間やそれ以外の時間で色々な人と交流してみるとあなたの考え方や屋久島の印象が変わるかもしれませんよ。