最初は不安もいっぱいでしたが、ようやく島の生活にも慣れて充実した毎日をおくっています。

島に何かできないかという思いでこのプログラムに参加しましたが、私たちのほうが毎日島の方々にしていただいてばかりです。

午前は通船のお手伝いと子供たちと遊び。午後はデイサービスと西福寺で沖島についてのお話を聞きました。

沖島の歴史や今の問題、島の方々の思いなどたくさんきくことができました。沖島での暮らし、人々と関わって沖島を深く知っていくたびに感じることがたくさんあります。人が温かく魅力たくさんの沖島に来れてほんとによかったと心からおもいます。

残り3日で自分にできることはないか、富山に帰ってからも何かできることはないかを見つけて行動したいとおもいます。