長いようであっという間だった沖永良部島での生活も最後となりました。

農作業を身をもって経験し、暑かったりしんどかったりと日に日に農業の大変さを感じました。

でも、お手伝いさせていただいた畑で、これから美味しいじゃがいもができたり お花が綺麗に咲いてくれたら、嬉しいなと思います。

振り返るとこの10日間かけがえのない時間で とても濃く、この夏最高の思い出になったと思います。

作業を分かれてすることも多々あったけれど、毎日永嶺荘で朝と夜にメンバーのみんなや、島の人、泊まりにきてるお客さんと顔を合わせる時間は色々な話ができて、どんどん仲良くなっていって、大好きな時間でした。それがもうないんだなと思うと寂しいです。

またどこかで、メンバーや世話人の山下さんや島の方々に会えたらいいなぁ。。。

そして最後に、もっともっと多くの人に沖永良部島のことを知ってもらいたい、帰ったらみんなに島のことを教えたいと思います。