ティピーのなかで焚き火を楽しむ村おこしボランティア【諏訪之瀬島コース】参加者

今日は予報通りにはならず、天気が持ちそうだったので、初の作業となりました。

諏訪之瀬島は竹がいっぱい生えていて、放っておくとどんどん生えてくるとのことで、それを根から刈りました。鍬や鎌、鉈など、みんなそれぞれの道具でもくもくと作業しつつ、たまに偵察にくる猫の「あめ君」に癒されてました(*^^*)

村おこしボランティア【諏訪之瀬島コース】のアイドル「あめくん」

そのあとは、やざわさん家のニワトリに野菜をあげました! ニワトリたちは、葉の柔らかいところだけ、偉い食べるんです。賢いなあと思いながら、あげてました。

お昼ご飯は、チャーハンとシチューを作りました! チャーハンは、お豆腐とお野菜が入ってて、卵が無くても美味しかったです♪

お昼からは、ティピーというテントの中で、竹を切ってから焚き火をしました。途中で、さつまいもを投入して、焼き芋に! ほくほくのお芋を、焚き火で暖まりながら食べるのは、幸せなひとときでした( ´∀`)

ティピーのなかで焚き火を楽しむ村おこしボランティア【諏訪之瀬島コース】参加者

夜ご飯は、ほうとうを作りました! みんなでわいわいしながら、麺を作って楽しかったです♪

諏訪之瀬島は、天気がころころ変わって、晴れたり雨降ったり、不思議な天気です。そんな天気の中で、出来る作業をしながら、毎食美味しいご飯が食べれて、島生活を満喫してるなーと感じてます。

明日も天気がもってくれるといいな! 明日も頑張ります(^O^)‼