バナナファイバーのプロジェクトに参加する学生ボランティア

今日はバナナファイバーの工房の整備と、バナナファイバーを使った和紙を作成するための材料の採集をしました。炎天下での作業だったので、疲れもありましたが、それ以上に達成感を感じた1日でした。

また、実際にモノづくりの過程に携わったことで、私たちの普段の生活が、たくさんの人たちの支えがあって初めて成り立っているということを再認識させられました。

いよいよ宝島での活動も後半戦に突入し、残りわずかになりました。明日からの活動でも様々なことを学び、吸収していきたいと思います!