知的で素敵な1日

ボランティア序盤のどんよりとした天気とは大違いのすっきり晴れた今日、眠い目をこすりながら各々作業場へ向かいました。

午前、刈払機でタンカンの木周辺の草刈りをしました。先日まいた肥料を雑草に横取りされないためにも念入りかつ迅速に頑張りました!

お昼はこの南種子町で塾を経営している方と。種子島の教育の現状を知ることができました。

午後からは草刈りの続き、そしてタンカンの枝の剪定。夏秋梢で元気のあるところは形の悪い実がなってしまう。それを防ぐために剪定を行いますが、やり直しの効かない作業にためらいがあり、なかなか作業が前に進まなかった。とても反省点です。

作業日が残り2日となり、よそ者としてではなくひとりの島民として積極的に行動したいと思います。