暑さで朝起き、まだ夏が残ってることに少しワクワクしながら少し眠いという朝を迎えました。

種子島において初めての農業体験ということもあって、興奮半面不安半面で、受け入れ農家を訪れると本当に気さくな方ばかりで、ありがたかったです。

作業は榊の植え替えを行っていました。地道な作業を淡々と進めていくのは忍耐がいるなと思いましたが、少しずつ作業のペースが上がってくると少し自分もプロへの入り口を覗きこみ始められてるのかなと思えました。

一方で大雑把な性格が作業に出てしまうところもあって、今何をしているのかより、この作物が「誰に」届くのかを意識するのが大切だなと強く認識させられました!

休み時間には、海に連れていってもらえました!

「緑の道を抜けるとそこは透明なブルーだった」と思わせるような綺麗な海で感動しました!すぐに飛び込みたくなる童心が自分の心のなかでうずくのを感じていました。

明日は観光ですが、種子島の色々な魅力を体感していきたいと思います!