今日はフリーマーケットのお手伝いをして来ました。パンやかぼちゃ、花の販売だけでなく、そば、ぜんざいといった料理作りにも携わりました。その中で多くの方々と交流し、方言に関する興味深い話を聞くことができました。

 それは方言と標準語のルールについてです。標準語の「え段」の音が方言だと「い段」の音に、「お段」の音は「う段」の音に変化するということがあるというものです。例えば米は標準語は「こめ」ですが、方言だと「くみ」になるそうです。

 このルールを知って、方言への理解が進みました。まさかこのような話を聞けるとは思わず、興奮してずっと話を聞いていました。